ホーム » ■ 管理栄養士国家試験解説 » 第32回(2018. H30) » 32-臨床栄養学

32-臨床栄養学

32-123 肥満症に関する記述である。

32-123 肥満症に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。 (1)高度肥満症は、BMI 30 kg/m2以上をいう。 (2)高度肥満症の治療には、外科療法がある。 (3)除脂肪体重の減少を目指す。 (4)超低エネルギー食(VLCD)は、600 kcal/日以下である。 (5)VL… 続きを読む »32-123 肥満症に関する記述である。

32-140 重症熱傷患者の入院翌日の病態と栄養管理に関する記述である。

32-140 重症熱傷患者の入院翌日の病態と栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)基礎代謝が、低下する。 (2)血管透過性が、低下する。 (3)健常時よりNPC/N(非たんぱく質カロリー窒素比)を低くする。 (4)グルタミンを制限する。 (5)水分を制限する。

32-115 介護報酬、診療報酬に関する記述である。

32-115 介護報酬、診療報酬に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)療養食加算は、入院基本料に加算できる。 (2)栄養マネジメント加算は、居宅サービス費に加算できる。 (3)栄養サポートチーム加算は、入院時食事療養費に加算できる。 (4)入院栄養食事指導料の算定対象に、がん患者が… 続きを読む »32-115 介護報酬、診療報酬に関する記述である。

32-139 がん患者の栄養管理に関する記述である。

32-139 がん患者の栄養管理に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。 (1)化学療法では、悪心が出現する。 (2)放射線療法では、食欲不振がみられる。 (3)外科療法では、低栄養のリスクがある。 (4)がん悪液質では、除脂肪体重が減少する。 (5)早期がん患者は、緩和ケアの… 続きを読む »32-139 がん患者の栄養管理に関する記述である。

32-138 食物アレルギーに関する記述である。

32-138 食物アレルギーに関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。 (1)バナナは、交差抗原を含む。 (2)ヒスタミンは、アレルギー症状を抑制する。 (3)加熱処理により、アレルゲン性は減弱する。 (4)口腔粘膜の症状が、出現する。 (5)アナフィラキシーショック時には、エビ… 続きを読む »32-138 食物アレルギーに関する記述である。

32-136 内分泌疾患の病態と栄養管理に関する記述である。

32-136 内分泌疾患の病態と栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)クッシング症候群では、インスリン感受性が亢進する。 (2)クッシング症候群では、カリウム制限食とする。 (3)バセドウ病では、基礎代謝が亢進する。 (4)バセドウ病では、たんぱく質制限食とする。… 続きを読む »32-136 内分泌疾患の病態と栄養管理に関する記述である。

32-135 透析患者の栄養管理に関する記述である。

32-135 透析患者の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)血液透析では、たんぱく質摂取量を1.0 g/kg標準体重/日とする。 (2)血液透析では、飲料水の摂取量を30 mL/kg標準体重/日とする。 (3)血液透析では、カリウムの摂取量を制限しない。 (4)… 続きを読む »32-135 透析患者の栄養管理に関する記述である。

32-134 CKD(慢性腎臓病)における成人の栄養管理に関する記述である。

32-134 CKD(慢性腎臓病)における成人の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)ステージ1では、カリウムの摂取量を制限する。 (2)ステージ2では、たんぱく質の摂取量を制限する。 (3)ステージ3では、食塩摂取量を7 g/日とする。 (4)ステージ4では、エ… 続きを読む »32-134 CKD(慢性腎臓病)における成人の栄養管理に関する記述である。

32-133 62歳、男性。身長170 cm、体重80 kg(標準体重63.6 kg)、管理職(軽労作)。

32-133 62歳、男性。身長170 cm、体重80 kg(標準体重63.6 kg)、管理職(軽労作)。糖尿病腎症と診断された。血圧145/91 mmHg、推算糸球体濾過量(eGFR)70 mL/分/1.73 m2、血清カリウム値4.5 mEq/L。微量アルブミン尿がみられる。この患者の… 続きを読む »32-133 62歳、男性。身長170 cm、体重80 kg(標準体重63.6 kg)、管理職(軽労作)。

32-132 60歳、男性。身長168 cm、体重65 kg(標準体重62 kg)。虚血性心疾患と診断された。

32-132 60歳、男性。身長168 cm、体重65 kg(標準体重62 kg)。虚血性心疾患と診断された。この患者の1日当たりの目標栄養量である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)エネルギー 1,000 kcal (2)たんぱく質 40g (3)脂質 80g (4)飽和脂肪酸の摂取エ… 続きを読む »32-132 60歳、男性。身長168 cm、体重65 kg(標準体重62 kg)。虚血性心疾患と診断された。

32-131 合併症のない男性高血圧症患者の栄養管理に関する記述である。

32-131 合併症のない男性高血圧症患者の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)飽和脂肪酸の摂取を勧める。 (2)食塩摂取量は、8 g/日とする。 (3)アルコール摂取量は、エタノールで20~30 mL/日以下とする。 (4)カルシウムの摂取量を制限する。 (5)マグネシ… 続きを読む »32-131 合併症のない男性高血圧症患者の栄養管理に関する記述である。

32-130 肝硬変の栄養管理に関する記述である。

32-130 肝硬変の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)腹水がある場合には、エネルギーの摂取量を制限する。 (2)食道静脈瘤がある場合には、亜鉛の摂取量を制限する。 (3)高アンモニア血症がある場合には、脂質の摂取量を制限する。 (4)低血糖がある場合には、ラ… 続きを読む »32-130 肝硬変の栄養管理に関する記述である。