コンテンツへスキップ

27-臨床栄養学

27-121 医療と臨床栄養に関する記述である。

    27-121 医療と臨床栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 患者が栄養指導を受ける権利をセカンド・オピニオンという。 (2) 居宅療養管理指導は、介護保険制度のもとで行われる。 (3) 後期高齢者医療制度は、65歳以上が対象である。 (4) 入院時食事療養費は、入院基本料に… 続きを読む »27-121 医療と臨床栄養に関する記述である。

    27-122 診療報酬制度における栄養サポートチーム加算に関する記述である。

      27-122 診療報酬制度における栄養サポートチーム加算に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。 (1) 2000年に新設された。 (2) 経口摂取できる患者は、算定対象にならない。 (3) 管理栄養士は、専従者になることができる。 (4) 療養病棟の患者は、算定対象になる。 (5) 算定患… 続きを読む »27-122 診療報酬制度における栄養サポートチーム加算に関する記述である。

      27-123 傷病者の栄養ケア・マネジメントに関する記述である。

        27-123 傷病者の栄養ケア・マネジメントに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 入院までの経過は、家族歴から読み取る。 (2) 主観的包括的アセスメント(SGA)は、栄養スクリーニングに用いる。 (3) モニタリングは、初回面接で完了する。 (4) 主訴には、過去の手術の有無が… 続きを読む »27-123 傷病者の栄養ケア・マネジメントに関する記述である。

        27-126 経口栄養法が適応できる患者である。

          27-126 経口栄養法が適応できる患者である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)JCS(Japan Coma Scale)が100である。 (2)嚥下が不可能である。 (3)上部消化管に閉塞がある。 (4)胆のうが摘出されている。 (5)小腸に穿孔がある。

          27-127 経鼻胃管により経腸栄養剤を投与した時に生じた下痢の原因である。

            27-127 経鼻胃管により経腸栄養剤を投与した時に生じた下痢の原因である。誤っているのはどれか。1つ選べ。
            (1) 乳糖を含むものを使用した。
            (2) 浸透圧の低いものを使用した。
            (3) 投与速度を400 mL/時とした。
            (4) 投与時の温度を4℃とした。
            (5) 前日に溶解したものを使用した。

            続きを読む »27-127 経鼻胃管により経腸栄養剤を投与した時に生じた下痢の原因である。

            27-128 静脈栄養補給法に関する記述である。

              27-128 静脈栄養補給法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 末梢静脈栄養補給法で用いる輸液のアミノ酸濃度は、30%である。 (2) 高カロリー輸液基本液には、鉄が含有されている。 (3) 成人では、非たんぱく質熱量/窒素比を700 kcal/gとする。 (4) 中心静脈栄養… 続きを読む »27-128 静脈栄養補給法に関する記述である。

              27-129 栄養ケアのモニタリングと再評価に関する記述である。

                27-129 栄養ケアのモニタリングと再評価に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。 (1) エネルギー投与量の設定には、体温を考慮する。 (2) エネルギー投与量の設定には、身体活動を考慮する。 (3) 高張性脱水症では、舌乾燥がみられる。 (4) 肝予備能は、血清α-フェ… 続きを読む »27-129 栄養ケアのモニタリングと再評価に関する記述である。

                27-132 52歳、男性。10年来の菜食主義者で、下肢のしびれ、知覚鈍麻、舌乳頭の萎縮、平均赤血球容積(MCV)が110 fLを示した。

                  27-132 52歳、男性。10年来の菜食主義者で、下肢のしびれ、知覚鈍麻、舌乳頭の萎縮、平均赤血球容積(MCV)が110 fLを示した。この症例で欠乏しているビタミンである。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) ビタミンA (2) ビタミンB1 (3) ビタミンB12 (4) ビタミンC (5) … 続きを読む »27-132 52歳、男性。10年来の菜食主義者で、下肢のしびれ、知覚鈍麻、舌乳頭の萎縮、平均赤血球容積(MCV)が110 fLを示した。

                  27-136 肝性脳症を繰り返す肝硬変患者の管理に関する記述である。

                    27-136 肝性脳症を繰り返す肝硬変患者の管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) エネルギー量は、20 kcal/kg標準体重/日とする。 (2) たんぱく質は、1.5 g/kg標準体重/日とする。 (3) 食物繊維を制限する。 (4) ラクツロースを投与する。 (5) 芳香… 続きを読む »27-136 肝性脳症を繰り返す肝硬変患者の管理に関する記述である。