32-139 がん患者の栄養管理に関する記述である。

スポンサーリンク

32-139 がん患者の栄養管理に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1)化学療法では、悪心が出現する。
(2)放射線療法では、食欲不振がみられる。
(3)外科療法では、低栄養のリスクがある。
(4)がん悪液質では、除脂肪体重が減少する。
(5)早期がん患者は、緩和ケアの対象に含めない。

解答・解説を見る

(1)化学療法では、悪心や食欲低下、下痢、便秘、口内炎などが出現する。

(2)放射線療法では、食欲不振がみられる。

  栄養不足の防止のため、経腸栄養や経静脈栄養が用いられる場合も有る。経口摂取が可能な場合は、無理のない程度で食べられるものから少しずつ食べるようにする。

(3)外科療法では、低栄養のリスクがある。

(4)がん悪液質では、除脂肪体重が減少する。

(5)早期がん患者は、緩和ケアの対象に含まれる。

 緩和ケアの対象者は、末期がん患者だけでない

コメント