ホーム » ■ 管理栄養士国家試験解説 » 第27回(2013, H25) » 27-人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

27-人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

27-21 ヒトの細胞小器官に関する記述である。

27-21 ヒトの細胞小器官に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) リソソームでは、グリコーゲンの合成が行われる。 (2) 滑面小胞体では、遺伝情報の転写が行われる。 (3) 粗面小胞体では、たんぱく質の合成が行われる。 (4) ゴルジ体では、ATPの合成が行われる。 (5) ミト… 続きを読む »27-21 ヒトの細胞小器官に関する記述である。

27-22 核酸および遺伝子に関する記述である。

31-22 核酸および遺伝子に関する記述である。正しいのはどれか。lつ選べ。 (1) ポリヌクレオチドは、糖とリン酸分子が交互に結合した構造をもつ。 (2) 転写は、DNAポリメラーゼによって触媒される。 (3) 分枝アミノ酸は、それぞれ1つのコドンによって指定される。 (4) 翻訳は、DNAを鋳型… 続きを読む »27-22 核酸および遺伝子に関する記述である。

27-23 酵素に関する記述である。

23 酵素に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) アミラーゼは、酸化還元酵素である。 (2) HMG-CoA還元酵素は、アセチルCoAによってフィードバック阻害をうける。 (3) フェニルアラニン水酸化酵素は、チロシンからフェニルアラニンを生成する。 (4) アンギオテンシン変換酵… 続きを読む »27-23 酵素に関する記述である。

27-24 たんぱく質の代謝・機能に関する記述である。

24 たんぱく質の代謝・機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) ユビキチンは、たんぱく質の合成酵素である。 (2) オートファジー(autophagy)は、たんぱく質の二次構造を構築する作用である。 (3) ミオグロビンは、筋収縮たんぱく質である。 (4) アミノ酸のアミノ基は… 続きを読む »27-24 たんぱく質の代謝・機能に関する記述である。

27-25 糖質の代謝に関する記述である。

25 糖質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) グルカゴンは、グリコーゲン分解を抑制する。 (2) グルコース-6-ホスファターゼは、解糖系の律速酵素である。 (3) アセチルCoAは、ピルビン酸と反応してクエン酸回路に入る。 (4) グリコーゲンが加リン酸分解されると、グ… 続きを読む »27-25 糖質の代謝に関する記述である。

27-26 脂質の代謝に関する記述である。

27-26 脂質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) コレステロールは、身体活動のためのエネルギー源となる。 (2) 脂肪酸のβ酸化は、脂肪酸を水と二酸化炭素に分解する過程である。 (3) 肝細胞内で生成したクエン酸は、脂肪酸の合成材料となる。 (4) アラキドン… 続きを読む »27-26 脂質の代謝に関する記述である。

27-27 個体の恒常性とその調節に関する記述である。

27-27 個体の恒常性とその調節に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)ストレス応答の疲はい期には、全身の同化反応が亢進する。 (2)概日リズム(サーカディアンリズム)の形成には、遺伝子が関与する。 (3)体温の調節中枢は、大脳皮質前頭葉に局在する。 (4)循環血液量が減少すると、… 続きを読む »27-27 個体の恒常性とその調節に関する記述である。

27-28 加齢に伴う変化に関する記述である。

27-28 加齢に伴う変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 老年症候群では、ADLは維持される。 (2) フレイルティとは、身体機能の向上をいう。 (3) サルコペニアとは、皮下脂肪の減少をいう。 (4) 廃用症候群は、生活の不動性によって生じる。 (5) ロコモティブシンド… 続きを読む »27-28 加齢に伴う変化に関する記述である。

27-30 疾患と症候の組合せである。

27-30 疾患と症候の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 消化性潰瘍--------------------—喀血
(2) 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)------チアノーゼ
(3) 潰瘍性大腸炎--------------------–下血
(4) 胆石症-------------------------—浮腫
(5) 胃食道逆流症--------------------–黄疸

続きを読む »27-30 疾患と症候の組合せである。

27-31 悪性腫瘍の診断に用いる検査である。

27-31 悪性腫瘍の診断に用いる検査である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) スパイロメトリ
(2) 磁気共鳴イメージング(MRI)
(3) パルスオキシメトリ
(4) 運動負荷心筋シンチグラフィ
(5) ポリソムノグラフィ

続きを読む »27-31 悪性腫瘍の診断に用いる検査である。

27-32 運動療法が適応となる症例である。

27-32 運動療法が適応となる症例である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 空腹時血糖400 mg/dLの1型糖尿病
(2) 収縮期血圧200 mmHgの妊娠高血圧症候群
(3) 尿ケトン体強陽性の2型糖尿病
(4) 血清クレアチニン値10 mg/dLの慢性腎不全
(5) 血清トリグリセリド値230 mg/dLの肥満(l度)の肥満症

続きを読む »27-32 運動療法が適応となる症例である。

27-33代謝に関係するホルモン・サイトカインに関する記述である。

27-33代謝に関係するホルモン・サイトカインに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) アディポネクチンは、インスリンの作用を減弱する。
(2) インクレチンは、インスリン分泌を促進する。
(3) アドレナリンは、脂肪細胞での脂肪合成を促進する。
(4) レプチンは、エネルギー消費を抑制する。
(5) TNF-α(腫傷壊死因子α)は、インスリンの作用を増強する。

続きを読む »27-33代謝に関係するホルモン・サイトカインに関する記述である。

27-34 糖尿病に関する記述である。

27-34 糖尿病に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 尿中C-ペプチド排泄量は、インスリン抵抗性の指標である。 (2) 尿糖が陽性であれば、糖尿病と診断できる。 (3) 試験紙法で尿たんぱくが持続陽性であれば、腎症2期である。 (4) 微量アルブミン尿が認められれば、腎症3期以… 続きを読む »27-34 糖尿病に関する記述である。

27-35 咀嚼・嚥下に関与する器官の構造・機能に関する記述である。

27-35 咀嚼・嚥下に関与する器官の構造・機能に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。 (1) 口峡は、歯列よりも口唇側の領域である。 (2) 耳下腺は、咽頭に開口する。 (3) 喉頭蓋は、嚥下時に気管を閉鎖する。 (4) 舌咽神経は、舌の運動を支配する。 (5) 側頭筋は、咀嚼筋の1つで… 続きを読む »27-35 咀嚼・嚥下に関与する器官の構造・機能に関する記述である。