第32回:給食経営管理論

スポンサーリンク

 

32-161 個人対応が必要な給食の提供と、管理栄養士が連携する他職種の組合せである。
32-162 給食経営管理におけるサブシステムと管理業務の組合せである。
32-163 特定給食施設において、定められた基準に従い適切な栄養管理を行わなければならないと、健康増進法により規定された者である。
32-164 健康増進法に基づき、管理栄養士を置かなければならない特定給食施設である。
32-165 経営管理のプロセスの5要素と、その内容の組合せである。
32-166 事業所給食の経営資源と、その具体的な活用の組合せである。
32-167 会社の社員食堂におけるマーケテイング戦略と、その具体的な活動の組合せである。
32-168 昼食を提供する社員食堂における、現在の利用者集団のアセスメントに関する記述である。
32-169 K総合病院の、18歳以上の患者に対する一般食における給与栄養目標量に関する記述である。
32-170 給食における栄養・食事計画の評価に関する記述である。
32-171 給食で提供する米飯の品質管理について、生産・提供時の標準化に関する記述である。
32-172 食材の在庫管理に関する記述である。
32-173 給食施設の配食・配膳方式の特徴に関する記述である。
32-174 小松菜のお浸しの大量調理に関する記述である。
32-175 給食施設における調理作業の安全・衛生のための改善事項に関する記述である。
32-176 ゆでもやしの調理工程時に想定される危害とその対応の組合せである。
32-177 大量調理施設衛生管理マニュアルにおける施設設備の管理内容と行うべき頻度の組合せである。
32-178 給食施設の食中毒発生時に、原因究明のため保健所へ提出する帳票である。
32-179 給食施設において、災害時のために購入する備蓄食品である。
32-180 調理従事者の初期教育訓練の内容である。

前に戻る ホームに戻る お問い合わせはこちら