ホーム » ■ 管理栄養士国家試験解説 » 第25回(2011, H23) » 25-栄養教育論

25-栄養教育論

25-109 地域住民に対する生活習慣病予防を目的とした、栄養教育プログラムの計画に関する記述である。

25-109 地域住民に対する生活習慣病予防を目的とした、栄養教育プログラムの計画に関する記述である。誤っているのはどれか (1)健康診断の結果から、地域住民の健康上の課題を把握する。 (2)フォーカスグループインタビューを行い、プログラム目標を設定する。 (3)重要度が高い場合は、実現可能性を考慮… 続きを読む »25-109 地域住民に対する生活習慣病予防を目的とした、栄養教育プログラムの計画に関する記述である。

25-108 行動変容段階モデルに基づいて、関心期(熟考期)から準備期へ変容段階を高める食生活支援に関する記述である。

25-108 行動変容段階モデルに基づいて、関心期(熟考期)から準備期へ変容段階を高める食生活支援に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)今の食生活を続けた場合の自分の姿を想像し、大変だと不安を感じてもらう。 (2)自分の食習慣が家族の健康に与える影響について、考えてもらう。 (3)… 続きを読む »25-108 行動変容段階モデルに基づいて、関心期(熟考期)から準備期へ変容段階を高める食生活支援に関する記述である。

25-107 学校給食の食べ残しを減らすことを目的とした取組と、行動科学の観点からみた概念や技法に関する組合せである。

25-107 学校給食の食べ残しを減らすことを目的とした取組と、行動科学の観点からみた概念や技法に関する組合せである。正しいのはどれか。 (1) 給食を全部食べた子どもに「よく食べたね」と声をかける。 - モデリング (2) クラスで協力して食べ残しを減らすよう、話し合わせる。 - 正の強化 (3)… 続きを読む »25-107 学校給食の食べ残しを減らすことを目的とした取組と、行動科学の観点からみた概念や技法に関する組合せである。

25-106 保健信念モデル(ヘルスビリーフモデル)を応用した糖尿病の「罹患性の認知」を高める栄養教育に関する記述である。

25-106 保健信念モデル(ヘルスビリーフモデル)を応用した糖尿病の「罹患性の認知」を高める栄養教育に関する記述である。正しいのはどれか。 (1) 糖尿病合併症の足壊疽の写真を見せる。 (2) 糖尿病で入院した同年代の同僚の事例を紹介する。 (3) 糖尿病予防には、適正体重の維持が有効だと話をする… 続きを読む »25-106 保健信念モデル(ヘルスビリーフモデル)を応用した糖尿病の「罹患性の認知」を高める栄養教育に関する記述である。

25-120 諸外国で実施されている栄養改善のための取組みに関する記述である。

25-120 諸外国で実施されている栄養改善のための取組みに関する記述である。正しいものの組合せはどれか。 a 食卓塩へのビオチン添加プログラムにより、甲状腺腫を予防する。 b パンヘのどタミンA添加プログラムにより、神経管閉鎖障害を予防する。 c 5-A-Dayプログラムでは、野菜や果物の摂取増加… 続きを読む »25-120 諸外国で実施されている栄養改善のための取組みに関する記述である。