第32回:応用力試験

スポンサーリンク

次の文を読み「181」、「182」、「183」に答えよ。

 K内科クリニックに勤務する管理栄養士である。居宅療養管理指導を行っている。
 患者は、84歳、女性。約30年前に糖尿病を発症し、現在は1,200 kcalの食事療法と毎食、食前に即効型インスリンの薬物療法で治療を続けている。糖尿病網膜症により視力はほとんどないために、87歳の夫が食事を作って食べさせ、一緒に入浴するなど、日常生活のほとんどを介護している。
 身長147 cm、体重52 kg、血圧138/94 mmHg。空腹時血液検査値は、アルブミン4.0 g/dL、血糖 118 mg/dL、HbA1c 7.1%、トリグリセリド95 mg/dL、総コレステロール175 mg/dL、LDL-コレステロール105 mg/dL、HDL-コレステロール48 mg/dL、尿素窒素16 mg/dL、クレアチニン0.7 mg/dL。

181 患者の栄養アセスメントの結果である。
182 昨日の食事メモをもとにして、日常の食事内容をアセスメントした。ほぼ毎日これに近い食事を続けているという。管理栄養士が患者に最初にかける言葉である。
183 これまで夕食後20時ぐらいにお風呂に入っていた。最近、夫が19時からの野球中継を観るため、夕食前の17時にお風呂に入るようになり、風呂上りに低血糖になることがある、と患者から相談された。これに対するアドバイスである。

次の文を読み「184」、「185」、「186」に答えよ。

 K総合病院に勤務する管理栄養士である。患者は、58歳、男性。酒販店を自営している。慢性腎臓病(CKD)で近所のクリニックに通院して生活指導を受けていたが、本人は積極的に取り組んでいなかった。この度、腎機能が悪化した(ステージ4)ため当院に紹介された。
 医師より、エネルギー2,000 kcal、たんぱく質40 g、カリウム1,500 mg以下、食塩6 g未満の栄養食事指導の依頼があった。本人と妻に日常の食事計画について説明を行い、患者と相談の結果、低たんぱく質ごはんを使用し、主菜の食材でたんぱく質摂取量が約30 gとなるように計画することにした。

184 患者は、朝食の主菜は卵1個(50 g)または木綿豆腐1/3丁(100 g)のどちらかにすると言う。これを受けて、昼食と夕食の主菜を合わせた目安量である。
185指導が終わって、患者時「これなら簡単です。頑張ります。」と言って席を立った。しかし妻から、「本当は配達時にコンビニで、から揚げなどしっかり買い食いしています。私は知らないと思っているでしょうけど。」と耳元でささやかれた。その後の患者への声かけである。
186 約1か月後、2回目の栄養食事指導を行った。提出された食事記録から、ほぼ計画通りに食べられているが、エネルギー摂取量が不足気味であると判断された。面接の中で、患者から「仕事の休憩時にはどんな飲み物を飲むとよいか。」と質問があった。この回答として勧める飲み物である。


次の文を読み「187」、「188」に答えよ。

 K事業所に勤務する管理栄養士である。特定健康診査の結果により、Aさんに特定保健指導を始めることとなった。48歳、女性。BMI 26.0 kg/m2、腹囲87.0 cm、血圧126/80 mmHg。空腹時血液検査値は、血糖120 mg/dL、トリグリセリド160 mg/dL、尿酸6.9 mg/dL。服薬なし。喫煙習慣あり。缶ビール1本(350 ml)を毎日飲んでいる。保健指導レベルは、積極的支援レベルとなった。

187 Aさんの初回面接を行い、食習慣の行動日標を設定することになった。
188 Aさんの支援を続けた結果、6か月後には、BMIが25.0 kg/m2、腹囲85.0 cmに改善した。血圧120/80 mmHg、空腹時血糖108 mg/dL。喫煙・飲酒習慣は変化なし。Aさんに対する6か月後の指導内容である。

次の文を読み「189」、「190」に答えよ。

 Kクリニックに勤務する管理栄養士である。特定保健指導を担当している。
 対象者は41歳、男性。今年受けた特定健康診査で、積極的支援レベルとなり、Kクリニックに特定保健指導を受けに来た。
 身長170 cm、体重81 kg、BMI 28.0 kg/m2、腹囲100 cm、血圧146/94 mmHg。空腹時血液検査値は、トリグリセリド150 mg/dL、血糖110 mg/dL。服薬なし。喫煙習慣なし。

189保健指導の途中で、男性が研究結果(図)をもとにした広告を見せ、「トクホ(特定保健用食品)Aは、脂肪の吸収を抑えると謳っているから、これを飲めば痩せますよね。」と質問した。その回答である。
190 男性に、より適切な助言をするために、この広告のもとになっている研究論文を見て管理栄養士が確認すべき事項である。

次の文を読み「191」、「192」に答えよ。

 K市の健康増進課に勤務する管理栄養士である。K市では高血圧の有病率が全国より高いため、中高年で正常高値血圧の者を対象とした栄養教室(月1回、通年)を企画した。特定健康診査の際に収縮期血圧が130~139 mmHgであった者に周知し、参加希望を募った。教室参加者は40名となった。対照群を設けることができず、教室の評価は前後比較で行うことになった。教室終了時の事後調査に協力が得られた者は22名であった。

191 食塩摂取量について、対象者の負担が少なく、かつ精度の高い方法で測定した。
192 食塩摂取量を教室の前後で比較したところ、統計的に有意な減少が認められた。この結果の解釈である。

次の文を読み「193」、「194」、「195」に答えよ。

 K学校給食共同調理場に勤務する管理栄養士である。給食は直営で運営されている。検便日は原則火曜と決められており、直近では2月6日火曜日に実施した。

193 調理従事者の次回の検便予定日である。
194 2月6日の検便結果で、調理従事者Aからノロウイルスの陽性反応がでた。Aは無症状であり、家族にも下痢・嘔吐の症状を示す者はいない。Aに対して、管理栄養士が最初にとるべき対応である。
195 このことをきっかけに、調理従事者全員に実施すべき食中毒予防のための衛生教育である。

次の文を読み「196」、「197」に答えよ。

 K県の健康増進課に勤める管理栄養士である。K県の健康増進プランの担当をしている。K県は全国の中で、脳血管疾患のSMR(標準化死亡比)が高く、高血圧の有病率が高い。食塩摂取量も全国平均より多く、その供給源は、1位調味料、2位魚介加工品、3位パンである。これらの課題解決に向けて、地域住民組織、地元企業、自治会などで構成される対策委員会が組織されている。表は、K県北部地域の人口と脳血管疾患SMRである。

196 県全体の脳血管疾患死亡率低下を目標に対策を進めることになった。課題の重要性と県全体への影響を考慮して重点支援地域を決めた。
197 重点支援地域における脳血管疾患予防対策を計画した。効果が大きく、実現可能性を考慮した栄養・食生活分野の取組である。


次の文を読み「198」、「199」、「200」に答えよ。

 K市保健センターに勤務する管理栄養士である。K市は、都心から通勤1時間圏内という利便性から、近年人口が増えている。2年前から5年計画で、「18歳以上の1日当たりの野菜摂取量の平均値290 gを350 g以上にする」を目標とした事業を行っている。3年目に入るにあたり、事業の見直し・改善(Act)を行っている。表1は、性・年齢別野菜摂取量の中間評価の結果であり、表2は、実施目標に対する昨年度の評価の一部である。

198 今後、野菜摂取量の目標達成に向けて、重点的に取り組む対象とその理由である。
199 野菜摂取量の目標達成のための実施目標1(表2)の見直し・改善(Act)の意見である。
200 野菜摂取量の目標達成のための実施目標2(表2)の見直し・改善(Act)で提案された新たな企画である。