コンテンツへスキップ

②人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

38-19 生体エネルギー源と代謝に関する記述である。

    38-19 生体エネルギー源と代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。 ⑴ ヒトは、独立栄養生物である。 ⑵ クレアチンリン酸は、高エネルギーリン酸化合物である。 ⑶ ATPの産生は、同化の過程で起こる。 ⑷ 電子伝達系では、二酸化炭素が産生される。 ⑸ 脱共役たんぱく質(UCP)は… 続きを読む »38-19 生体エネルギー源と代謝に関する記述である。

    37-42 感染症に関する記述である。

      37-42 感染症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 宿主は、感染症の原因となる微生物である。 ⑵ 潜伏期は、症状が改善した後でも病原体が残存している期間である。 ⑶ 不顕性感染とは、感染しても症状が現れない感染をいう。 ⑷ 結核は、新興感染症である。 ⑸ 再興感染症とは、… 続きを読む »37-42 感染症に関する記述である。

      37-41 食物アレルギーに関する記述である。

        37-41 食物アレルギーに関する記述である。最も適当なのはどれか。1 つ選べ。 ⑴ Ⅱ型アレルギーによって発症する。 ⑵ 乳糖不耐症は、食物アレルギーである。 ⑶ 口腔アレルギー症候群は、食物アレルギーの特殊型である。 ⑷ 食物経口負荷試験は、自宅で行う。 問題引用元:厚生労働省. 『第37回管理… 続きを読む »37-41 食物アレルギーに関する記述である。

        37-40 免疫及びアレルギーに関する記述である。

          37-40 免疫及びアレルギーに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 抗体は、マクロファージにより産生される。 ⑵ 分泌型 IgA は、消化管の免疫を担う。 ⑶ 自己免疫性溶血性貧血は、Ⅰ型アレルギーの機序で起こる。 ⑷ ツベルクリン反応は、Ⅲ型アレルギーの機序で起こる。 ⑸ … 続きを読む »37-40 免疫及びアレルギーに関する記述である。

          37-38 血液系に関する記述である。

            37-38 血液系に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 末梢血中の赤血球は、核を持つ。 ⑵ 好中球は、抗体を産生する。 ⑶ 単球が血管外へ遊走すると、形質細胞となる。 ⑷ フィブリンは、トロンビンによりフィブリノーゲンに変換される。 ⑸ PAI -1 は、脂肪細胞で産生される… 続きを読む »37-38 血液系に関する記述である。

            37-37 前立腺に関する記述である。

              37-37 前立腺に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 前立腺は、腹膜腔内に位置する。 ⑵ 前立腺から、テストステロンが分泌される。 ⑶ 前立腺肥大により、排尿障害が生じる。 ⑷ 前立腺がんでは、血清 PSA 値が低下する。 ⑸ 前立腺がんの進行は、アンドロゲンによって抑制さ… 続きを読む »37-37 前立腺に関する記述である。

              37-36 運動器系に関する記述である。

                37-36 運動器系に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 日光曝露の不足は、くる病の原因である。 ⑵ 高リン血症は、骨軟化症の原因である。 ⑶ 糖尿病は、骨折のリスク因子である。 ⑷ 脊椎椎体は、骨粗鬆症における骨折の好発部位である。 ⑸ DXA(DEXA)法は、骨密度の評価… 続きを読む »37-36 運動器系に関する記述である。

                37-35 呼吸器系の構造と機能に関する記述である。

                  37-35 呼吸器系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 右肺は、 2 葉からなる。 ⑵ 気管支平滑筋は、副交感神経の興奮で弛緩する。 ⑶ 横隔膜は、呼気時に収縮する。 ⑷ 肺活量は、 1 回換気量と予備吸気量と予備呼気量の和である。 ⑸ 外呼吸は、末梢組織におけ… 続きを読む »37-35 呼吸器系の構造と機能に関する記述である。

                  37-34 神経系の構造と機能に関する記述である。

                    37-34 神経系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ くも膜は、脳の表面に密着している。 ⑵ 体温調節中枢は、視床にある。 ⑶ 呼吸中枢は、中脳にある。 ⑷ 排便反射の中枢は、仙髄にある。 ⑸ 錐体路は、体性感覚の伝達を行う。 問題引用元:厚生労働省. 『第37… 続きを読む »37-34 神経系の構造と機能に関する記述である。

                    37-33 内分泌疾患とホルモンに関する記述である。

                      37-33 内分泌疾患とホルモンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 尿崩症では、バソプレシンの分泌が増加する。 ⑵ 原発性副甲状腺機能亢進症では、血清リン値が低下する。 ⑶ 原発性アルドステロン症では、血漿レニン活性が上昇する。 ⑷ アジソン病では、コルチゾールの分泌が増加… 続きを読む »37-33 内分泌疾患とホルモンに関する記述である。

                      37-32 腎疾患に関する記述である。

                        37-32 腎疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 高血圧は、ネフローゼ症候群の診断基準に含まれる。 ⑵ ネフローゼ症候群では、血清 LDL コレステロール値は低下する。 ⑶ 糖尿病性腎症病期分類での早期腎症期は、顕性アルブミン尿陽性である。 ⑷ 慢性腎不全では、低リン血… 続きを読む »37-32 腎疾患に関する記述である。

                        37-31 腎・尿路系の構造と機能に関する記述である。

                          37-31 腎・尿路系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 赤血球は、糸球体基底膜を通過する。 ⑵  1 日当たりの糸球体濾過量は、約 1.5 L である。 ⑶ eGFR の算出には、24 時間蓄尿が必要である。 ⑷ 尿の pH の変動は、血液の pH の変動より… 続きを読む »37-31 腎・尿路系の構造と機能に関する記述である。

                          37-30 循環器疾患に関する記述である。

                            37-30 循環器疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 狭心症では、心筋壊死が生じる。 ⑵ 腎血管性高血圧は、本態性高血圧である。 ⑶ 心室細動は、致死性不整脈である。 ⑷ 右心不全では、肺水腫が生じる。 ⑸ 心不全では、血中 BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)値が低下… 続きを読む »37-30 循環器疾患に関する記述である。

                            37-29 循環器系の構造と機能に関する記述である。

                              37-29 循環器系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 左心室の壁厚は、右心室の壁厚よりも薄い。 ⑵ 洞房結節は、左心房にある。 ⑶ 胸管は、右鎖骨下動脈に流入する。 ⑷ 門脈を流れる血液は、動脈血である。 ⑸ 血圧上昇により大動脈弓の圧受容体が刺激されると、心… 続きを読む »37-29 循環器系の構造と機能に関する記述である。