ホーム » 管理栄養士国家試験の過去問題を解く » 第35回の過去問題を解く

第35回の過去問題を解く

スポンサーリンク


社会・環境と健康

0%
583

第35回

第35回 社会・環境と健康

 

第35回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康の問題です。

1 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-1 公害の発生地域と原因物質の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

2 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-2 わが国の出生に関連する保健統計の定義と最近 5 年間の傾向に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

3 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-3 平均寿命、平均余命および健康寿命に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

4 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-4 年齢調整死亡率(直接法)に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

5 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-5 疾病 A のスクリーニング検査の評価指標に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

6 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-6 健康の「生物心理社会モデル」に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

7 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-7 NCD に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

8 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-8 たばこ規制枠組条約に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

9 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-9 乳がんに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

10 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-10 検疫法により検疫の対象となる感染症である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

11 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-11 児童虐待のうち、ネグレクトに該当する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

12 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-12 わが国の医療保険制度に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

13 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-13 市町村保健センターに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

14 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-14 医療と福祉に関する事業等とその根拠法の組合せである。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

15 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-15 介護保険制度に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

16 / 16

Category: 第35回-社会・環境と健康

35-16 労働衛生の 3 管理における作業管理である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

Your score is

The average score is 49%

0%

 

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

0%
205

第35回 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

 

第35回 人体の構造と機能及び疾病の成り立ちの問題を解いてみましょう。

問題は全部で22問あります。

1 / 22

35-21 アミノ酸・糖質・脂質の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

2 / 22

35-22 個体の恒常性(ホメオスタシス)に関する記述である。最も適切なのはどれか。

3 / 22

35-23 炎症と腫瘍に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

4 / 22

35-24 臨床検査に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

5 / 22

35-25 治療の種類に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

6 / 22

35-26 先天性代謝異常症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

7 / 22

35-27 消化管に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

8 / 22

35-28 消化器系がんとそのリスク因子の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

9 / 22

35-29 循環器系に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

10 / 22

35-30 高血圧に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

11 / 22

35-31 腎・尿路系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

12 / 22

35-32 ホルモンと分泌部位の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

13 / 22

35-33 内分泌疾患の主な症候に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

14 / 22

35-34 迷走神経に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

15 / 22

35-35 肺の構造、呼吸機能および酸素の運搬に関する記述である。

16 / 22

35-36 運動器に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

17 / 22

35-37 妊娠、分娩および乳汁分泌に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

18 / 22

35-38 赤血球に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

19 / 22

35-39 血液疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

20 / 22

35-40 免疫・生体防御に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

21 / 22

35-41 自己免疫疾患とその特徴的な症候の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

22 / 22

35-42 感染症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

Your score is

The average score is 53%

0%

 

食べ物と健康

0%
138

第35回

第35回 食べ物と健康

第35回管理栄養士国家試験の食べ物と健康の問題です。

1 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-43 果実類に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

2 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-44 藻類に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

3 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-45 牛乳に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

4 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-46 嗜好飲料に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

5 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-47 食品中の水に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

6 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-48 食品の物性に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

7 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-49 食品とその呈味成分に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

8 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-50 食品中のビタミンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

9 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-51 食品と主な香気・におい成分の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

10 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-52 食品安全委員会に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

11 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-53 細菌性食中毒に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

12 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-54 ノロウイルスとそれによる食中毒に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

13 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-55 寄生虫とその感染源の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

14 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-56 食品中の有害物質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

15 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-57 食品添加物に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

16 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-58 食品表示基準に基づく一般用加工食品の表示に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

17 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-59 特別用途食品および保健機能食品に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

18 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-60 特定保健用食品の関与成分と保健の用途の組合せである。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

19 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-61 穀類の加工品に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

20 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-62 畜肉の加工および加工品に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

21 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-63 食品の保存に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

22 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-64 調理器具・機器に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

23 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-65 嗜好性を高めるための調理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

24 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-66 酢による食品の色の変化に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

25 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-67 代表的な料理の献立の構成に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

26 / 26

Category: 第35回-食べ物と健康

35-68 遺伝形質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

Your score is

The average score is 55%

0%

 

基礎栄養学

0%
138

第35回

第35回 基礎栄養学

第35回管理栄養士国家試験の基礎栄養学の問題です。

1 / 13

Category: 第35回-基礎栄養学

35-69 食欲の調節に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

2 / 13

Category: 第35回-基礎栄養学

35-70 管腔内消化の調節に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

3 / 13

Category: 第35回-基礎栄養学

35-71 糖質の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

4 / 13

Category: 第35回-基礎栄養学

35-72 血糖の調節に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

5 / 13

Category: 第35回-基礎栄養学

35-73 摂取するたんぱく質の量と質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

6 / 13

Category: 第35回-基礎栄養学

35-74 脂質の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

7 / 13

Category: 第35回-基礎栄養学

35-75 コレステロールに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

8 / 13

Category: 第35回-基礎栄養学

35-76 脂溶性ビタミンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

9 / 13

Category: 第35回-基礎栄養学

35-77 水溶性ビタミンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

10 / 13

Category: 第35回-基礎栄養学

35-78 鉄に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

11 / 13

Category: 第35回-基礎栄養学

35-79 体水分に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

12 / 13

Category: 第35回-基礎栄養学

35-80 エネルギー消費量に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

13 / 13

Category: 第35回-基礎栄養学

35-81 エネルギー代謝とその測定法に関する記述である。

Your score is

The average score is 58%

0%

 

応用栄養学

0%
94

第35回

第35回 応用栄養学

第35回 管理栄養士国家試験の応用栄養学の問題です。

1 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-82 栄養ケア・マネジメントに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

2 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-83 30 歳、体重 50 kg の女性。生活の大部分が座位で、静的な活動が中心である。基礎代謝基準値は、22 kcal/kg 体重/日。この女性の推定エネルギー必要量(EER)である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

3 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-84 日本人の食事摂取基準(2020 年版)における栄養素の指標に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

4 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-85 日本人の食事摂取基準(2020 年版)の基本的事項に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

5 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-86 日本人の食事摂取基準(2020 年版)における栄養素の基準の設定に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

6 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-87 日本人の食事摂取基準(2020 年版)における小児に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

7 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-88 成長・発達に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

8 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-89 妊娠期・授乳期の生理的変化に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

9 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-90 新生児期・乳児期の生理的特徴に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

10 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-91 幼児期・学童期における栄養に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

11 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-92 更年期の女性の生理的変化に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

12 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-93 成人期と比較して高齢期で増加・亢進する項目である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

13 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-94 成人期と比較した高齢期の生理的特徴に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

14 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-95 運動に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

15 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-96 ストレス時(抵抗期)の生体反応に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

16 / 16

Category: 第35回-応用栄養学

35-97 災害発生後 24 時間以内に、被災者に対して優先的に対応すべき栄養上の問題である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

Your score is

The average score is 51%

0%

 

栄養教育論

0%
55

Uncategorized

第35回 栄養教育論

 

第35回管理栄養士国家試験の栄養教育論の問題です。

ニックネームの入力は任意です。

1 / 13

Category: 第35回-栄養教育論

35-98 新入社員研修において、急性アルコール中毒に関する教育を担当することになった。ヘルスビリーフモデルの「罹患性の認知」に基づいた支援である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

2 / 13

Category: 第35回-栄養教育論

35-99 子どもが野菜を食べないことを心配して、市の保健センターに相談に来た保護者へのソーシャルサポートのうち、評価的サポートに該当するものである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

3 / 13

Category: 第35回-栄養教育論

35-100 食品会社に勤める管理栄養士が、新しい減塩調味料の販売促進方法を企画した。その企画内容と、イノベーション普及理論に基づく普及に必要な条件の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

4 / 13

Category: 第35回-栄養教育論

35-101 特定健康診査の結果、動機付け支援の対象となった勤労男性に対する初回面接である。面接を始めたところ、「会社に言われたから来た」と言い、口数は少ない。面接の進め方として、最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

5 / 13

Category: 第35回-栄養教育論

35-102 地域在住高齢者を対象とした、ロコモティブシンドローム予防のための支援内容と行動変容技法の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

6 / 13

Category: 第35回-栄養教育論

35-103 菓子の摂取を減らすことが困難だと感じている女性社員に支援を行うことになった。行動変容技法の反応妨害・拮抗を活用した支援である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

7 / 13

Category: 第35回-栄養教育論

35-104 K 大学の学生食堂では、全メニューに小鉢 1 個がついている。小鉢の種類には、肉料理、卵料理、野菜料理、果物・デザートがあり、販売ラインの最後にある小鉢コーナーから選択することになっている。ナッジを活用した、学生の野菜摂取量を増やす取組として、最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

8 / 13

Category: 第35回-栄養教育論

35-105 地域の生産者や関係機関と連携した小学生への食育を計画している。プリシード・プロシードモデルに基づくアセスメント内容とその項目の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

9 / 13

Category: 第35回-栄養教育論

35-106 ソーシャルマーケティングの考え方を活用して、カフェテリア方式の社員食堂を通じた社員の健康づくりに取り組むことになった。マーケティング・ミックスの 4Pにおいて、プロダクト(Product)を「ヘルシーメニューを選択」とした場合、プライス(Price)に該当する取組である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

10 / 13

Category: 第35回-栄養教育論

35-107 テレワーク期間中に増えた体重を減らしたいと話す会社員を対象とした、栄養教育プログラムを計画している。本人が主体的に取り組むための結果目標を設定する際に、重視するアセスメント内容である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

11 / 13

Category: 第35回-栄養教育論

35-108 高校の男子運動部の顧問教員より、部員が補食としてスナック菓子ばかり食べているのが気になると相談を受け、栄養教育を行うことになった。栄養教育の目標の種類とその内容の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

12 / 13

Category: 第35回-栄養教育論

35-109 保育園児を対象に、「お魚を食べよう」という目的で食育を行った。学習教材とその内容として、最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

13 / 13

Category: 第35回-栄養教育論

35-110 総合病院において、訪問栄養食事指導の事業を開始して 1 年が経過した。事業に対する評価の種類と評価内容の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

Your score is

The average score is 54%

0%

 

臨床栄養学

0%
105

第35回

第35回 臨床栄養学

第35回管理栄養士国家試験の臨床栄養学の問題です。

1 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-111 入院時食事療養(Ⅰ)の届出を行った保険医療機関において、特別食加算が算定できる治療食に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

2 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-112 クリニカルパスに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

3 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-113 水分出納において、体内に入る水分量として計算する項目である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

4 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-114 経腸栄養法が禁忌となる患者である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

5 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-115 経腸栄養剤に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

6 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-116 糖尿病食事療法のための食品交換表に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

7 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-117 てんかん食とその摂取により生じる代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

8 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-118 医薬品と医薬品が栄養素に及ぼす影響の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

9 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-119 問題志向型診療録(POMR)とその内容に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

10 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-120 ビタミンとその欠乏症の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

11 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-121 55 歳、男性。デスクワーク中心の仕事。身長 165 cm、体重 76 kg、BMI 27.9 kg/m²、標準体重 60 kg、内臓脂肪面積 110 cm²。他に異常は認められなかった。この患者の 1 日当たりの目標栄養量である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

12 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-122 脂質異常症の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

13 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-123 消化器疾患と栄養管理の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

14 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-124 慢性心不全に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

15 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-125 CKD 患者に対するたんぱく質制限(0.8~1.0 g/kg 標準体重/日)に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

16 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-126 標準体重 60 kg の大動脈石灰化を認める維持血液透析患者に対して、 1 日当たりの摂取量の評価を行った。改善が必要な項目として、最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

17 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-127 クッシング症候群で低下する検査値である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

18 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-128 93 歳、女性。身長 150 cm、体重 50 kg、BMI 22.2 kg/m2。 2 年前に認知症と診断され、その頃から誤嚥性肺炎を繰り返し、胃瘻を造設した。この患者の栄養管理に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

19 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-129 70 歳、男性。高 CO2 血症を認める COPD 患者である。この患者の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

20 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-130 胃潰瘍で出血を起こすと、上昇する血液検査値である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

21 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-131 食物アレルギーに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

22 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-132 入院 2 日目の敗血症患者の病態と栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

23 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-133 がん患者の病態と栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

24 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-134 受傷後 4 日目の重症外傷患者の病態と経腸栄養法に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

25 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-135 糖原病Ⅰ型の幼児の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

26 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-136 妊娠 16 週の妊婦、35 歳。身長 165 cm、体重 73 kg、BMI 26.8 kg/m2、標準体重 60 kg、非妊娠時体重 72 kg。妊娠糖尿病と診断された。この妊婦の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

Your score is

The average score is 49%

0%

 

公衆栄養学

0%
68

第35回

第35回 公衆栄養学

第35回管理栄養士国家試験の公衆栄養学の問題です。

ニックネームの登録は任意です。

1 / 16

Category: 第35回-公衆栄養学

35-137 公衆栄養活動に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

2 / 16

Category: 第35回-公衆栄養学

35-138 最近 10 年間の国民健康・栄養調査結果における成人の 1 日当たりの平均摂取量の傾向に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

3 / 16

Category: 第35回-公衆栄養学

35-139 わが国における食品の生産と流通・消費に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

4 / 16

Category: 第35回-公衆栄養学

35-140 栄養不良の二重負荷に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

5 / 16

Category: 第35回-公衆栄養学

35-141 健康増進法に定められている施策とその実施者の組合せである。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

6 / 16

Category: 第35回-公衆栄養学

35-142 栄養士法に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

7 / 16

Category: 第35回-公衆栄養学

35-143 妊産婦のための食生活指針に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

8 / 16

Category: 第35回-公衆栄養学

35-144 健康日本 21(第二次)の目標項目のうち、中間評価で「改善している」と判定されたものである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

9 / 16

Category: 第35回-公衆栄養学

35-145 公衆栄養活動に関係する国際的な施策とその組織の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

10 / 16

Category: 第35回-公衆栄養学

35-146 集団を対象とした食事調査における精度に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。