ホーム » ■ 管理栄養士国家試験解説 » 第29回(2015, H27) » 29-栄養教育論

29-栄養教育論

29-106 生活習慣を視野に入れた、高齢者への栄養教育に関する記述である

29-106 生活習慣を視野に入れた、高齢者への栄養教育に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)身体活動では、1日60分以上の強い運動を勧める。 (2)喫煙では、サプリメントを摂取すれば、吸っても良いと伝える。 (3)休養では、能動的休養として社会活動への参加を勧める。 (4)睡眠で… 続きを読む »29-106 生活習慣を視野に入れた、高齢者への栄養教育に関する記述である

29-107 刺激-反応理論に関する記述である。

29-107 刺激-反応理論に関する記述である。勤労者の食行動におけるオペラント条件づけとして、正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)職場の自動販売機を見て、つい缶コーヒーを買った。 (2)同僚のおかわりにつられて、ご飯のおかわりをした。 (3)仕事のストレスがたまり、食べ過ぎた。 (4)上司のダイエ… 続きを読む »29-107 刺激-反応理論に関する記述である。

29-108 ヘルスビリーフモデル(健康信念モデル)に関する記述である。

29-108 ヘルスビリーフモデル(健康信念モデル)に関する記述である。成人男性の「疾病に対する脅威」が高いと判断される発言として、正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)毎年インフルエンザに罹るが、いつも1日で回復し寝込むことはない。 (2)がんによる死亡率は高いが、近親者でがんになった者はいない。 … 続きを読む »29-108 ヘルスビリーフモデル(健康信念モデル)に関する記述である。

29-109 トランスセオレティカルモデル(行動変容段階モデル)に関する記述である。

29-109 トランスセオレティカルモデル(行動変容段階モデル)に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。 (1)最初は、肥満改善指導のために開発された。 (2)行動変容段階(ステージ)と行動変容過程(プロセス)が含まれる。 (3)行動変容段階は、行動変容の準備性によって分けられている。 … 続きを読む »29-109 トランスセオレティカルモデル(行動変容段階モデル)に関する記述である。

29-110 ソーシャルサポートには、情動的サポート、評価的サポート、道具的サポート、情報的サポートの4つがある。

29-110 ソーシャルサポートには、情動的サポート、評価的サポート、道具的サポート、情報的サポートの4つがある。大学食堂における学生の食生活支援の評価的サポートとして、正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)早朝から、朝食のサービスを提供する。 (2)学生が選んだメニューについて、改善点を指摘する。 … 続きを読む »29-110 ソーシャルサポートには、情動的サポート、評価的サポート、道具的サポート、情報的サポートの4つがある。

29-111 行動変容技法における意思決定バランスを把握するための質問である。

29-111 行動変容技法における意思決定バランスを把握するための質問である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)食事と運動では、どちらを先に改善できそうですか。 (2)減量するのは自分のためですか、それとも家族のためですか。 (3)1か月の減量目標は1kgにしますか、それとも2kgにしますか。 (… 続きを読む »29-111 行動変容技法における意思決定バランスを把握するための質問である。

29-112 食事療法中の人のストレスマネジメントと行動変容技法の組合せである。

29-112 食事療法中の人のストレスマネジメントと行動変容技法の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)空腹でイライラしても3分間がまんする ・・・・・・・・・・・・ セルフモニタリング (2)食べたくてがまんできなくなったら運動をする ・・・・・・ 認知再構成 (3)特別な食事ではなく… 続きを読む »29-112 食事療法中の人のストレスマネジメントと行動変容技法の組合せである。

29-113 地域住民の食塩摂取の低減を目的にした食環境づくりに関する記述である。

29-113 地域住民の食塩摂取の低減を目的にした食環境づくりに関する記述である。食物へのアクセスと情報へのアクセスを統合した食環境整備として、正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)食塩を減らす実践に結びつきやすい講演会を開催する。 (2)減塩のポイントをまとめたリーフレットを健康フェアで配布する。 … 続きを読む »29-113 地域住民の食塩摂取の低減を目的にした食環境づくりに関する記述である。

29-114 食環境整備において、加工食品表示について栄養教育を実施する際の説明である。

29-114 食環境整備において、加工食品表示について栄養教育を実施する際の説明である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)消費期限は、品質保持が期待できる期限を示した表示です。 (2)賞味期限は、その期限内に食べることを定めた表示です。 (3)ナトリウム1,000mgの食塩相当量は、1gになります… 続きを読む »29-114 食環境整備において、加工食品表示について栄養教育を実施する際の説明である。

29-115 企業における栄養教育プログラムにおいて、学習目標が設定できる調査である。

29-115 企業における栄養教育プログラムにおいて、学習目標が設定できる調査である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)社員全員の身長、体重、腹囲を計測する。 (2)生活習慣改善に対する考え方を個別面談で調べる。 (3)社員食堂の献立別の売り上げを調べる。 (4)職場周辺にある飲食店のメニューを調… 続きを読む »29-115 企業における栄養教育プログラムにおいて、学習目標が設定できる調査である。

29-116 ライフステージ別栄養教育の学習形態に関する記述である。

29-116 ライフステージ別栄養教育の学習形態に関する記述である。ワークショップとして正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)幼稚園児が、正しい箸の持ち方の紙芝居を観る。 (2)小学生が、苦手な食べ物を克服するための寸劇をする。 (3)中学生が、栄養素の種類と働きについて講義を受ける。 (4)高校生が… 続きを読む »29-116 ライフステージ別栄養教育の学習形態に関する記述である。

29-117 食事バランスガイドの料理区分とサービング (1 SV)基準の組合せである。

29-117 食事バランスガイドの料理区分とサービング (1 SV)基準の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)主食 ・・・・・・・・・・・・ 炭水化物100g (2)副菜 ・・・・・・・・・・・・ 食物繊維7g (3)主菜 ・・・・・・・・・・・・ たんぱく質6g (4)牛乳・乳製品 … 続きを読む »29-117 食事バランスガイドの料理区分とサービング (1 SV)基準の組合せである。

29-118 栄養教育を目的にした集団討議法と、人の位置関係を示した図の組合せである。

29-118 栄養教育を目的にした集団討議法と、人の位置関係を示した図の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)フォーラム ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ A (2)シンポジウム ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ B (3)バズセッション ・・・・… 続きを読む »29-118 栄養教育を目的にした集団討議法と、人の位置関係を示した図の組合せである。

29-119 高校女子陸上選手の骨密度増加を目的として栄養教育を実施した。評価項目と評価の種類の組合せである。

29-119 高校女子陸上選手の骨密度増加を目的として栄養教育を実施した。評価項目と評価の種類の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)プログラムに競技指導者との連携が含まれていたか ・・・・・・・ 企画評価 (2)選手の乳製品の摂取量が増加したか ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・… 続きを読む »29-119 高校女子陸上選手の骨密度増加を目的として栄養教育を実施した。評価項目と評価の種類の組合せである。

29-120 大学新入生を対象とした飲酒に関する教育の学習形態である。

29-120 大学新入生を対象とした飲酒に関する教育の学習形態である。ピア・エデュケーションとして正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)学校医から未成年者の飲酒の害を聞く。 (2)酒造メーカーの人と教授との対談を聞く。 (3)断酒会の人たちから断酒の苦労を聞く。 (4)急性アルコール中毒になった先輩と… 続きを読む »29-120 大学新入生を対象とした飲酒に関する教育の学習形態である。