第33回:応用力試験

スポンサーリンク

次の文章を読み「181」、「182」に答えよ。

K産科クリニックに勤務する管理栄養士である。医師の指示のもと、妊婦の栄養カウンセリングを担当している。
妊婦は、30歳、妊娠28週目、初産婦。フルタイムの仕事(座位中心)をしている。
身長160cm、体重49.0kg(妊娠前45.0kg)、血圧132/80mmHg、空腹時血液検査値は、ヘモグロビン11.6g/dL、血糖88㎎/dL、LDL-コレステロール120㎎/dL、HDL-コレステロール60㎎/dL、トリグリセリド100㎎/dL。喫煙習慣なし。飲酒習慣なし。
前日の1日の食事内容を聞き取った(表)。平日はほぼこれに近い食事をしているという。

図:厚生労働省「第33回管理栄養士国家試験の問題及び正答(午後の部)」より引用

33-181 聞き取った内容を基に、栄養カウンセリングで、取り上げるべき重要課題である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)主食の摂取量を増やすこと。
(2)カルシウムの摂取量を増やすこと。
(3)果物の摂取量を増やすこと。
(4)野菜の摂取量を増やすこと。

33-182 妊婦は、自分の食生活について、特に課題はないという。栄養カウンセリングで、最初に行う内容である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)料理をすることのメリットとデメリットをあげてもらい、デメリットを減らすアドバイスをする。
(2)食事調査の結果を、妊産婦の食事バランスガイドに照らして説明し、どのように思ったか意見を聞く。
(3)夫に家事を手伝ってもらうなど、ソーシャルサポートの活用を話し合う。
(4)特にアドバイスはせず、困ったことがあれば、問い合わせてもらうよう、連絡先を渡す。


次の分を読み「183」、「184」、「185」に答えよ。

K市の市立保育園に勤務する管理栄養士である。保育園に通う女児A子(9か月)の母親への栄養の指導を行っている。
母親から、A子が家庭で離乳食をあまり食べないので心配との相談を受けた。
A子は、身長72.5cm、体重8.7kg。精神・運動機能の発達は良好である。

33-183 A子の出生時からの身長と体重の変化を乳幼児身体発育曲線に示した(図)。A子の栄養アセスメントの結果である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)体重は、標準的な発育曲線であるが、低身長である。
(2)身長は、標準的な発育曲線であるが、低体重である。
(3)身長、体重ともに離乳食開始後の発育不良が懸念される。
(4)身長、体重ともに標準的な成長状態である。

33-184 離乳食の与え方について、母親にたずねた。現在、離乳食は歯ぐきでつぶせる固さで1日3回与えており、母乳は欲しがる時に飲ませているという。この内容に対する栄養アセスメントである。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)月齢に応じた離乳食の与え方である。
(2)月齢に応じた離乳食の調理形態として、不適切である。
(3)月齢に応じた離乳食の回数として、多すぎる。
(4)母乳を与えすぎている。

33-185 栄養アセスメントの結果を踏まえた管理栄養士の発言である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)月齢どおりの与え方ができていますね。あまり心配せず、見守ってあげましょう。
(2)お子さんが食べやすい、ペースト状のおかずにしてはいかがですか。
(3)食べないことが心配であれば、離乳食を2回減らしてみては、いかがですか。
(4)お子さんに母乳を上げる回数を、決めましょう。


次の文を読み「186」、「187」に答えよ。

K総合病院に勤務する管理栄養士である。緩和ケアチームによるラウンドを行っている。患者は、73歳、男性。昨年、膀胱がんに対して手術を行った。先月来院時に肺への転移が確認され、積極的治療を希望したため、再入院し、1か月の抗がん剤治療を開始した。
再入院時の身長165cm、体重60kg、血圧136/80㎜Hg、空腹時血液検査値は、赤血球410万/μL、アルブミン3.7g/dL、尿素窒素14㎎/dL、クレアチニン1.1㎎/dL。

33-186 治療開始時より、嘔気が出現し、食欲が低下してきたため、これまでの一般食の内容を見直した。見直し後の食事内容の1例として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)ごはん、鮭のホイル焼き、肉じゃが、りんご
(2)全粥、カレイの煮物、切り干し大根の煮物、りんごゼリー
(3)ピザトースト、グラタン、コーンスープ、りんご
(4)ざるそば、冷奴、小松菜のお浸し、りんごゼリー

33-187 治療開始1週間後に、嘔気が強くなり、食事摂取量が必要栄養量の1/3以下となり、体重も1週間で3%以上減少した。この時点での栄養管理の方針である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)嗜好を重視して食事摂取基準の増加を図る。
(2)経鼻胃管チューブによる経腸栄養法を開始する。
(3)胃瘻による経腸栄養法を開始する。
(4)中心静脈栄養法を開始する。


次の文を読み「188」、「189」、「190」に答えよ。

K診療所に勤務する管理栄養士である。居宅療養管理指導を行っている。
患者は、75歳、女性。脳梗塞を発症し、左片麻痺を患いながら自宅療養している。意識ははっきりしており、嚥下障害は認めない。食事は買ってきてもらったレトルト粥、パン、牛乳などを自分で選んで食べているが、摂取エネルギー量が500kcal/日と少ない。
身長146cm、体重35kg、空腹時血液検査値はヘマトクリット33%、赤血球380/μL、アルブミン2.6g/dL、血糖96mg/dL、トリグリセリド80mg/dL、尿素窒素11mg/dL、クレアチニン0.6mg/dL。

33-188 今後の栄養管理である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)このままの食事を継続し、モニタリングを続ける。
(2)主食をめしに変更して、1日の摂取エネルギー量を1,500kcalとする。
(3)食事以外の水分摂取として、現状より500mL増やす。
(4)間食として栄養補助食品(200kcal、たんぱく質7g)を追加する。

33-189 1週間後に再訪問したところ、体重が2kg増加していた。考えられる理由として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)浮腫の増悪
(2)便秘
(3)脱水の改善
(4)体脂肪量の増加

33-190 再訪問後の栄養管理である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

(1)たんぱく質摂取量を増やす。
(2)食物繊維摂取量を増やす。
(3)増加させた水分摂取量500mLを継続する。
(4)脂肪摂取量を減らす。