32-137 神経性やせ症(神経性食欲不振症)の症候である。

スポンサーリンク

32-137 神経性やせ症(神経性食欲不振症)の症候である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)血清トリヨードサイロニン(T3)値の上昇
(2)高カリウム血症
(3)頻脈
(4)食行動異常
(5)活動量の低下

解答・解説を見る

(1)血清トリヨードサイロニン(T3)値の上昇がみられるのは、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)である。

 甲状腺機能亢進症では、エネルギー代謝の亢進により体重減少がみられる。

(2)栄養摂取量の不足や嘔吐による腸液の喪失などにより、血清カリウム値は低下する。

(3)徐脈がみられる。

(4)食行動異常や、ボディイメージ障害などがみられる。

(5)活動量はむしろ増加していることが多い。

コメント