ホーム » ■ 管理栄養士国家試験解説 » 第33回(2019, R1) » 33-応用栄養学

33-応用栄養学

33-99 特殊環境と栄養に関する記述である。

33-99 特殊環境と栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)外部環境の影響を受けやすいのは、表面温度より中心温度である。 (2)WBGT(湿球黒球温度)が上昇した時は、水分摂取を控える。 (3)低温環境下では、皮膚の血流量が増加する。 (4)高圧環境から急激に減圧すると、体内の… 続きを読む »33-99 特殊環境と栄養に関する記述である。

33-98 ストレス応答の抵抗期に関する記述である。

33-98  ストレス応答の抵抗期に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)エネルギー代謝は、低下する。 (2)窒素出納は、負に傾く。 (3)副腎皮質ホルモンの分泌は、減少する。 (4)ビタミンCの需要は、減少する。 (5)カルシウムの尿中排泄量は、減少する。

33-97 運動時の身体への影響に関する記述である。

33-97 運動時の身体への影響に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)筋肉中の乳酸は、無酸素運動で減少する。 (2)遊離脂肪酸は、瞬発的運動時の主なエネルギー基質となる。 (3)瞬発的運動では、速筋線維より遅筋線維が利用される。 (4)酸素摂取量は、運動強度を高めていくと増加し、そ… 続きを読む »33-97 運動時の身体への影響に関する記述である。

33-94 思春期の男子に関する記述である。

33-94 思春期の男子に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)性腺刺激ホルモンの分泌は、思春期前に比べ低下する。 (2)年間身長増加量が最大となる時期は、女子より早い。 (3)見かけのカルシウム吸収率は、成人男性より低い。 (4)1日当たりのカルシウム体内蓄積量は、思春期前半に最大… 続きを読む »33-94 思春期の男子に関する記述である。

33-93 幼児期に関する記述である。

33-93 幼児期に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)1年間の体重増加量は、乳児期より大きい。 (2)体脂肪率は、乳児期に比べて高くなる。 (3)カウプ指数による肥満判定基準は、男女で異なる。 (4)貧血の主な原因は、鉄欠乏である。 (5)間食は、総エネルギー摂取量の約30%であ… 続きを読む »33-93 幼児期に関する記述である。

33-92 離乳の進め方に関する記述である。

33-92 離乳の進め方に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)離乳の開始前に、果汁を与えることが必要である。 (2)離乳の開始とは、なめらかにすりつぶした食物を初めて与えた時という。 (3)離乳の開始後ほぼ1か月間は、離乳食を1日2回与える。 (4)調味料は、離乳の開始後与えないよ… 続きを読む »33-92 離乳の進め方に関する記述である。

33-88 成長・発達・加齢に伴う変化に関する記述である。

33-88 成長・発達・加齢に伴う変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)体水分量に占める細胞外液の割合は、新生児期より成人期の方が大きい。 (2)胸腺重量は、成人期に最大となる。 (3)糸球体濾過量は、成人期より高齢期の方が高い。 (4)塩味の閾値は、成人期より高齢期の方が高い… 続きを読む »33-88 成長・発達・加齢に伴う変化に関する記述である。

33-87 日本人の食事摂取基準(2015年版)の小児に関する記述である。

33-87 日本人の食事摂取基準(2015年版)の小児に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)1歳児の基礎代謝基準値は、4歳児より低い。 (2)身体活動レベル(PAL)は、2区分である。 (3)炭水化物の目標量(DG)は、成人に比べ高い。 (4)脂質の目標量(DG)は、男女で異なる。… 続きを読む »33-87 日本人の食事摂取基準(2015年版)の小児に関する記述である。

33-86 日本人の食事摂取基準(2015年版)における策定の基本的事項に関する記述である。

33-86 日本人の食事摂取基準(2015年版)における策定の基本的事項に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)摂取源には、サプリメントは含まれない。 (2)参照体位は、望ましい体位を示している。 (3)BMI(kg/m2)は、18歳以上のエネルギー収支バランスの指標である。 (4)… 続きを読む »33-86 日本人の食事摂取基準(2015年版)における策定の基本的事項に関する記述である。