コンテンツへスキップ
ホーム » 投稿 » 37-36 運動器系に関する記述である。

37-36 運動器系に関する記述である。

37-36 運動器系に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 日光曝露の不足は、くる病の原因である。

⑵ 高リン血症は、骨軟化症の原因である。

⑶ 糖尿病は、骨折のリスク因子である。

⑷ 脊椎椎体は、骨粗鬆症における骨折の好発部位である。

⑸ DXA(DEXA)法は、骨密度の評価に用いられる。

問題引用元:厚生労働省. 『第37回管理栄養士国家試験の問題(午前の部)』(2023) . https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/001063776.pdf, (2023年2月26日閲覧)

解答・解説を見る

⑴ 日光曝露の不足は、くる病の原因である。

正しい記述です。日光不足はくる病の原因となります。

⑵ 骨軟化症では、血中リンは低値となる。

⑶ 糖尿病は、骨折のリスク因子である。

正しい記述です。糖尿病は骨の健康に影響を及ぼし、骨折のリスクを増加させることがあります。

⑷ 脊椎椎体は、骨粗鬆症における骨折の好発部位である。

正しい記述です。骨粗鬆症では、特に脊椎椎体が骨折しやすい部位として知られています。

⑸ DXA(DEXA)法は、骨密度の評価に用いられる。

正しい記述です。DXA(デュアルエネルギーX線吸収法、またはDEXA:デクサ)法は、骨密度測定に用いられる方法の一つです。この方法は、骨量と骨質を非侵襲的に評価し、骨粗鬆症や骨折のリスクを評価するのに役立ちます。DXA法は、骨密度測定のゴールドスタンダードとして広く採用されています。

スポンサーリンク


コメント

関連記事