ホーム » ■ 管理栄養士国家試験解説 » 第33回(2019, R1) » 33-人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

33-人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

33-18 ヒトの細胞の分裂と分化に関する記述である。

33-18 ヒトの細胞の分裂と分化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)受精卵は、多能性を有する細胞である。 (2)胚性幹(ES)細胞は、分化した細胞である。 (3)細胞の染色体数は、減数分裂により46本になる。 (4)体細胞分裂は、細胞周期の間期に起こる。 (5)体細胞のテロメア… 続きを読む »33-18 ヒトの細胞の分裂と分化に関する記述である。

33-19 たんぱく質、糖質および脂質に関する記述である。

33-19 たんぱく質、糖質および脂質に関する記述である。正しいのはどれか。1つえらべ。 (1)βシートは、アミノ酸側鎖間の結合により形成される。 (2)たんぱく質の4次構造は、複数のサブユニットで形成される。 (3)フルクトースは、ラクトースの構成要素である。 (4)ヒアルロン酸は、長鎖脂肪酸であ… 続きを読む »33-19 たんぱく質、糖質および脂質に関する記述である。

33-20 核酸の構造と機能に関する記述である。

33-20 核酸の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)RNA鎖は、2重らせん構造をとる。 (2)DNA鎖中でアデニンに対応する相補的塩基は、シトシンである。 (3)ヌクレオチドは、六炭糖を含む。 (4)DNAからmRNA(伝令RNA)が合成される過程を、翻訳と呼ぶ。 (… 続きを読む »33-20 核酸の構造と機能に関する記述である。

33-21 生体エネルギーと代謝に関する記述である。

33-21 生体エネルギーと代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)褐色脂肪細胞には、脱共役たんぱく質(UCP)が存在する。 (2)電子伝達系は、ミトコンドリアの外膜にある。 (3)嫌気的解糖では、1分子のグルコースから3分子のATPを生じる。 (4)AMPは、高エネルギーリン酸… 続きを読む »33-21 生体エネルギーと代謝に関する記述である。

33-22 代謝と酵素反応に関する記述である。

33-22 代謝と酵素反応に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)グルコースは、代謝されると尿素になる。 (2)脂肪酸は、代謝されるとアンモニアになる。 (3)酸素反応の速度は、至適pHで最大となる。 (4)トリプシンの至適pHは、酸性領域にある。 (5)ペプシンの至適pHは、アルカ… 続きを読む »33-22 代謝と酵素反応に関する記述である。

33-23 糖質・脂質代謝に関する記述である。

33-23 糖質・脂質代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)クエン酸回路では、糖新生が行われる。 (2)グルカゴンは、肝臓のグリコーゲン分解を促進する。 (3)赤血球は、脂肪酸をエネルギー源として利用する。 (4)HMG-CoA還元酵素は、脂肪酸合成における律速酵素である。 (… 続きを読む »33-23 糖質・脂質代謝に関する記述である。

33-24 生体の情報伝達に関する記述である。

33-24 生体の情報伝達に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)脂溶性ホルモンの受容体は、細胞膜にある。 (2)セカンドメッセンジャーは、細胞間の情報伝達に働く。 (3)副交感神経終末の伝達物質は、アセチルコリンである。 (4)シナプスにおける情報伝達は、双方向である。 (5)神経… 続きを読む »33-24 生体の情報伝達に関する記述である。

33-25 個体の恒常性に関する記述である。

33-25 個体の恒常性に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)過呼吸では、呼吸性アシドーシスがみられる。 (2)アルドステロンの過剰分泌により、代謝性アルカローシスが起きる。 (3)メラトニンは、夜間に分泌が減少する。 (4)不感蒸泄では、電解質の損失がみられる。 (5)食物摂取後… 続きを読む »33-25 個体の恒常性に関する記述である。

33-26 加齢・疾患に伴う変化に関する記述である。

33-26 加齢・疾患に伴う変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)褐色脂肪細胞は、加齢とともに増加する。 (2)リポフスチンの細胞内への沈着は、加齢とともに減少する。 (3)良性腫瘍は、悪性腫瘍と比べて細胞の分化度が低い。 (4)血管透過性は、炎症の急性期に亢進する。 (5)肉… 続きを読む »33-26 加齢・疾患に伴う変化に関する記述である。

33-27 臨床検査に関する記述である。

33-27 臨床検査に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)基準値は、健常者の測定値の75%が含まれる範囲である。 (2)心電図のP波は、心室の興奮を反映している。 (3)便潜血反応は、大腸がんのスクリーニングとして用いられる。 (4)ALTの上昇は、心臓疾患に特異的である。 (5)… 続きを読む »33-27 臨床検査に関する記述である。

33-28 治療の種類とその例の組合せである。

33-28 治療の種類とその例の組合せである。誤っているのはどれか。1つ選べ。 (1)対症療法――発熱の患者に対する解熱鎮痛薬の投与 (2)原因療法――C型慢性肝炎に対する抗ウイルス療法 (3)化学療法――子宮頸がんに対する放射線照射 (4)理学療法――脳梗塞後の麻痺に対するリハビリテーション (5… 続きを読む »33-28 治療の種類とその例の組合せである。

33-29 栄養・代謝に関わるホルモン・サイトカインに関する記述である。

33-29 栄養・代謝に関わるホルモン・サイトカインに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)グレリンは、食前に比べて食後に分泌が増加する。 (2)レプチンは、エネルギー代謝を抑制する。 (3)アディポネクチンは、インスリン抵抗性を増大させる。 (4)TNF-α(腫瘍壊死因子α)は、イ… 続きを読む »33-29 栄養・代謝に関わるホルモン・サイトカインに関する記述である。

33-30 胆汁と膵液に関する記述である。

33-30 胆汁と膵液に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)胆汁は、胆嚢で産生される。 (2)胆汁は、リパーゼを含む。 (3)胆汁は、脂肪を乳化する。 (4)膵液は、膵島(ランゲルハンス島)から分泌される。 (5)膵液は、酸性である。

33-31 循環器疾患に関する記述である。

33-31 循環器疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)心房細動は、脳出血のリスク因子である。 (2)心室細動は、致死性不整脈である。 (3)心筋梗塞による胸痛には、ニトログリセリンが有効である。 (4)仮面高血圧では、家庭血圧は正常である。 (5)右心不全では、肺うっ血をきた… 続きを読む »33-31 循環器疾患に関する記述である。

33-32 脳血管障害に関する記述である。

33-32 脳血管障害に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)ラクナ梗塞は、脳動脈瘤がリスク因子である。 (2)一過性脳虚血発作(TIA)は、脳出血の前駆症状である。 (3)脳出血は、頭部CTで低吸収領域として示される。 (4)くも膜下出血は、症状に激烈な頭痛がある。 (5)脳塞栓は… 続きを読む »33-32 脳血管障害に関する記述である。