コンテンツへスキップ

37-45 魚介類に関する記述である。

    スポンサーリンク


    37-45 魚介類に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

    ⑴ はまちの若年魚は、ぶりである。

    ⑵ 春獲りのかつおは、戻りがつおと呼ばれる。

    ⑶ 辛子めんたいこは、まだらの卵巣の塩蔵品である。

    ⑷ キャビアは、にしんの卵巣の塩蔵品である。

    ⑸ からすみは、ぼらの卵巣の塩蔵品である。

    問題引用元:厚生労働省. 『第37回管理栄養士国家試験の問題(午前の部)』(2023) . https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/001063776.pdf, (2023年2月26日閲覧)

    解答・解説を見る

     

    ぶりの若年魚は、はまちである。

    ⑵ 春に獲れるかつおは「初がつお」と呼ばれ、秋に獲れるものが「戻りがつお」と呼ばれる。

    ⑶ 辛子めんたいこは、スケトウダラの卵巣の塩蔵品である。

    辛子めんたいこは、スケトウダラの卵巣を塩蔵し、辛子や唐辛子などで味付けされたものです。

    ⑷ キャビアは、主にチョウザメの卵を塩漬けにしたものを指し、にしんの卵ではない。

    ⑸ からすみは、ぼらの卵巣の塩蔵品である。

     

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事