ホーム » ■ 管理栄養士国家試験解説 » 第29回(2015, H27) » 29-人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

29-人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

29-21 ヒトの細胞の構造と機能に関する記述である

29-21 ヒトの細胞の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)ミトコンドリアでは、解糖系の反応が進行する。 (2)粗面小胞体では、ステロイドホルモンの合成が行われる。 (3)ゴルジ体では、脂肪酸の分解が行われる。 (4)リソソームでは、糖新生が行われる。 (5)iPS細胞… 続きを読む »29-21 ヒトの細胞の構造と機能に関する記述である

29-22 糖質と脂質に関する記述である。

22 糖質と脂質に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)フルクトースは、アルドースである。 (2)フルクトースは、五炭糖である。 (3)グルコースは、ケトースである。 (4)リボースは、RNAの構成糖である。 (5)イノシトール1,4,5-三リン酸は、糖脂質である。 2019.6  … 続きを読む »29-22 糖質と脂質に関する記述である。

29-23 核酸に関する記述である。

29-23 核酸に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)RNAは、主にミトコンドリアに存在する。 (2)tRNA(転移RNA)は、アミノ酸を結合する。 (3)DNAポリメラーゼは、RNAを合成する。 (4)cDNA(相補的DNA)は、RNAポリメラーゼによって合成される。 (5)ヌク… 続きを読む »29-23 核酸に関する記述である。

29-24 生体エネルギーと生体酸化に関する記述である。

24 生体エネルギーと生体酸化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)ATPの産生は、グルコースの異化の過程で起こる。 (2)脱共役たんぱく質 (UCP)は、AMP産生を抑制する。 (3)AMPは、高エネルギーリン酸化合物である。 (4)電子伝達系の電子受容体は、窒素である。 (5)… 続きを読む »29-24 生体エネルギーと生体酸化に関する記述である。

29-25 酵素に関する記述である。

29-25 酵素に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)アポ酵素は、触媒作用を示す。 (2)酵素のアロステリック部位は、基質を結合する。 (3)アイソザイムは、ミカエリス定数 (Km)が同じ酵素である。 (4)酵素の反応速度は、至適pHで最大となる。 (5)律速酵素は、代謝経路で最も… 続きを読む »29-25 酵素に関する記述である。

29-26 アミノ酸・たんぱく質の代謝に関する記述である。

26 アミノ酸・たんぱく質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)γ-アミノ酪酸 (GABA)は、トリプトファンから生成される。 (2)アドレナリンは、ヒスチジンから生成される。 (3)ユビキチンは、必須アミノ酸の合成に関与する。 (4)プロテアソームは、たんぱく質… 続きを読む »29-26 アミノ酸・たんぱく質の代謝に関する記述である。

29-27 糖質・脂質の代謝に関する記述である。

27 糖質・脂質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)肝臓のグリコーゲンは、血糖値の維持に利用される。 (2)糖新生は、筋肉で行われる。 (3)脂肪細胞中のトリアシルグリセロールの分解は、インスリンにより促進される。 (4)脂肪酸合成は、リボソームで行われる。 (5)&bet… 続きを読む »29-27 糖質・脂質の代謝に関する記述である。

29-28 情報伝達に関する記述である。

28 情報伝達に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)副交感神経終末の伝達物質は、ノルアドレナリンである。 (2)インスリン受容体は、細胞膜を7回貫通する構造をもつ。 (3)グルカゴン受容体刺激は、肝細胞内でcGMP (サイクリックGMP)を生成する。 (4)細胞内カルシウムイオン濃… 続きを読む »29-28 情報伝達に関する記述である。

29-29 疾患・病態とそれらに伴う酸塩基平衡異常の組合せである。

29 疾患・病態とそれらに伴う酸塩基平衡異常の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)過呼吸(過換気) ・・・・・・・・・・・・・・・ アシドーシス (2)原発性アルドステロン症 ・・・・・・・・・ アシドーシス (3)激しい嘔吐 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ アルカローシス… 続きを読む »29-29 疾患・病態とそれらに伴う酸塩基平衡異常の組合せである。

29-30 細胞・組織にみられる変化に関する記述である。

29-30 細胞・組織にみられる変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)急性細菌感染の浸潤細胞は、主にリンパ球である。 (2)急性炎症では、血管の透過性は低下する。 (3)アミロイド変性は、脂肪変性の1つである。 (4)アポトーシスは、プログラムされた細胞死である。 (5)過形成… 続きを読む »29-30 細胞・組織にみられる変化に関する記述である。

29-31 臨床検査に関する記述である。

31 臨床検査に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)基準値とは、健常者の測定値の99%が含まれる範囲である。 (2)特異度の高い検査は、スクリーニングに適している。 (3)心電図のQRS波は、心房の興奮を反映している。 (4)CRP(C反応性たんぱく質)値の上昇は、炎症を反映してい… 続きを読む »29-31 臨床検査に関する記述である。

29-32 経腸栄養が可能と考えられる病態である。

29-32 経腸栄養が可能と考えられる病態である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)重症急性膵炎の発症直後 (2)クローン病の急性増悪期 (3)下顎骨腫瘍の術後 (4)潰瘍性大腸炎による下血直後 (5)敗血症による多臓器不全

29-33 脂肪細胞から分泌されるアディポサイトカインである。

33 脂肪細胞から分泌されるアディポサイトカインである。誤っているのはどれか。1つ選べ。 (1)GLP-1(グルカゴン棟ペプチド1) (2)TNF-α(腫瘍壊死因子α) (3)アディポネクチン (4)レプチン (5)PAI-1(プラスミノーゲン活性化抑制因子1)

29-34 ビタミンとその欠乏による疾患の組合せである。

34 ビタミンとその欠乏による疾患の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)ビタミンA ・・・・・・・ 壊血病 (2)ビタミンD ・・・・・・・ 骨軟化症 (3)ビタミンB1 ・・・・・・・ くる病 (4)葉酸 ・・・・・・・・・・・・・ 再生不良性貧血 (5)ビタミンC ・・・・・・・ … 続きを読む »29-34 ビタミンとその欠乏による疾患の組合せである。

29-35 代謝疾患に関する記述である。

29-35 代謝疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)高尿酸血症は、ピリミジンヌクレオチドの代謝異常症である。 (2)ウイルソン病は、銅の代謝異常症である。 (3)糖原病Ⅰ型では、高血糖がみられる。 (4)ホモシスチン尿症では、血中チロシン濃度が増加する。 (5)メープルシロッ… 続きを読む »29-35 代謝疾患に関する記述である。