ホーム » ■ 管理栄養士国家試験解説 » 第26回(2012, H24) » 26-応用力試験

26-応用力試験

26-199,200 次の文を読み「199」、「200」に答えよ。 下表は、種々の経腸栄養剤の特徴を示したものである。

次の文を読み「199」、「200」に答えよ。 下表は、種々の経腸栄養剤の特徴を示したものである。 200 保存期慢性腎不全(CKDステージ4)の栄養療法に適切な経腸栄養剤である。正しいのはどれか。 1つ選べ。 (1) 経腸栄養剤A (2) 経腸栄養剤B (3) 経腸栄養剤C (4) 経腸栄養剤D (… 続きを読む »26-199,200 次の文を読み「199」、「200」に答えよ。 下表は、種々の経腸栄養剤の特徴を示したものである。

26-191,192 正常高値血圧の40~69歳の男性40名(降圧薬は服薬していない)を対象として、8週間の減塩教室を行った。

26-191,192 正常高値血圧の40~69歳の男性40名(降圧薬は服薬していない)を対象として、8週間の減塩教室を行った。教室開始前と終了後の血圧(収縮期血圧)を1回ずつ測定し、比較した。その結果、教室終了後の血圧が有意確率(危険率)5%で判断して、有意に低下した。 26-191 統計学的な解釈… 続きを読む »26-191,192 正常高値血圧の40~69歳の男性40名(降圧薬は服薬していない)を対象として、8週間の減塩教室を行った。

次の文を読み「193」、「194」に答えよ。 63歳、女性。週3回血液透析を受けている。身長158cm、ドライウェイト52kg(標準体重55kg)、血圧160/92mmHg、無尿、透析間体重増加量は中2日で3.0kg。

次の文を読み「193」、「194」に答えよ。
63歳、女性。週3回血液透析を受けている。身長158cm、ドライウェイト52kg(標準体重55kg)、血圧160/92mmHg、無尿、透析間体重増加量は中2日で3.0kg。透析前の血液検査では、血清クレアチニン値9.1mg/dL、血中尿素窒素値86mg/dL、血清カリウム値5.5mEq/L、血清リン値6.0mg/dLであった。
26-193 血液透析による血漿中からの物質の除去に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) カリウムは、カルシウムより除去されやすい。
(2) 鉄は、リンより除去されやすい。
(3) ビタミンAは、葉酸よりも除去されやすい。
(4) 遊離脂肪酸は、アミノ酸より除去されやすい。
(5) IgM(γ1マクログロブリン)は、β2ミクログロブリンより除去されやすい。
26-194 食事指導時に目標とする栄養素量等である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) たんぱく質量 40g/日
(2) リン量 1,200mg/日
(3) カリウム量 1,400mg/日
(4) 食塩量 10g/日
(5) 飲水量 1,300mL/日

続きを読む »次の文を読み「193」、「194」に答えよ。 63歳、女性。週3回血液透析を受けている。身長158cm、ドライウェイト52kg(標準体重55kg)、血圧160/92mmHg、無尿、透析間体重増加量は中2日で3.0kg。

次の文を読み「197」、「198」に答えよ。  37歳、男性。妻と子ども2人の4人家族。仕事が忙しく、帰宅はほぼ毎日夜11時過ぎ。

次の文を読み「197」、「198」に答えよ。  37歳、男性。妻と子ども2人の4人家族。仕事が忙しく、帰宅はほぼ毎日夜11時過ぎ。朝はぎりぎりまで寝ていて、妻が子どもの分と一緒に朝食を準備しているが、欠食。家族と一緒に食事をする頻度は週末1回程度。子どもと接する時間があまりとれず、さびしく思っている。また、この10年間、体重が増加傾向にあり、現在BMI 24.8kg/m2となり、気にしている。
 会社の健康診断時に、管理栄養士が、「朝食欠食」をどう思っているかたずねたところ、「忙しくてすぐには無理だが、近いうちに改善したい」と答えたので、熟考期(関心期)にあることがわかった。
26-197 トランスセオレティカルモデル(行動変容段階モデル)に基づく、「朝食を食べること」の意思決定バランスに関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。
(1) 朝食を食べるには、朝早く起きなければならないので、大変だと思う。
(2) 朝食を食べるために、夕食を軽めにすると、減量もできるかもしれないと思う。
(3) 朝食を食べるようになると、朝食時に子どもと話ができると思う。
(4) 朝食を食べるようになると、妻も作りがいがあるだろうと思う。
(5) 朝食を食べるには、働き方を工夫して、帰宅時間を少し早くしようと思う。
26-198 その後、朝食を食べるようになった男性の行動変容を継続するために行う支援と、その技法や方法に関する組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 夕食の食べ過ぎを防ぐため、夜の宴会を減らすように勧める — セルフモニタリング 
(2) 朝食を食べたかどうか、手帳に記録をつけるように勧める —- 刺激統制  
(3) 朝食を食べられない日があっても、翌日また頑張ろうと思えば良いと話す —- 認知再構成  
(4) 朝食を食べるようになって減量に成功した同僚の事例を、社内報で紹介する —- オペラント強化  
(5) 朝食用に手軽に食べやすい食品の販売を、社内の売店で増やす — 情報へのアクセス面の食環境整備

続きを読む »次の文を読み「197」、「198」に答えよ。  37歳、男性。妻と子ども2人の4人家族。仕事が忙しく、帰宅はほぼ毎日夜11時過ぎ。