ホーム » ■ 管理栄養士国家試験解説 » 第31回(2017, H29) » 31-人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

31-人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

31-43 自己免疫疾患に関する記述である。

31-43 自己免疫疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 橋本病では、甲状腺機能は亢進する。 (2) 強皮症では、嚥下障害がみられる。 (3) 関節リウマチでは、蝶形紅斑がみられる。 (4) シェーグレン症候群では、唾液分泌が増加する。… 続きを読む »31-43 自己免疫疾患に関する記述である。

31-44 感染症に関する記述である。

31-44 感染症に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 大腸菌は、グラム陽性菌である。 (2) 麻疹の感染経路は、経口感染である。 (3) 結核は、再興感染症である。 (4) 重症急性呼吸器症候群(SARS)の病原体は、真菌である。 (5)… 続きを読む »31-44 感染症に関する記述である。

31-42 免疫グロブリンについての記述である。

31-42 免疫グロブリンについての記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) IgMは、胎盤を通過する。 (2) IgAは、唾液中に含まれる。 (3) IgGは、即時型アレルギー反応に関わる。 (4) IgEは、肥満細胞から分泌される。 (5) IgEは、免疫グロブリンの中で最も血液中濃度が… 続きを読む »31-42 免疫グロブリンについての記述である。

31-40 妊娠と分娩に関する記述である。

31-40 妊娠と分娩に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 受精した日を妊娠0週0日とする。 (2) 妊娠43週の分娩は、正期産である。 (3) ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)は、白体から黄体の形成を促す。 (4) 糖尿病がある妊婦は、… 続きを読む »31-40 妊娠と分娩に関する記述である。

31-39 骨粗鬆症に関する記述である。

31-39 骨粗鬆症に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 骨粗鬆症では、骨塩量が増加する。 (2) 骨粗鬆症は、骨の石灰化障害である。 (3) くる病は、小児に発症した骨粗鬆症である。 (4) エストロゲンは、骨吸収を促進する。 (5)&n… 続きを読む »31-39 骨粗鬆症に関する記述である。

31-41 血液系疾患に関する記述である。

31-41 血液系疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 腎性貧血は、エリスロポエチンの増加で起こる。 (2) 再生不良性貧血は、ビタミンB12欠乏で起こる。 (3) 壊血病は、ビタミンA欠乏で起こる。 (4) 血友病は、ビタミンK欠乏で… 続きを読む »31-41 血液系疾患に関する記述である。

31-38 骨格筋の構造と機能に関する記述である。

31-38 骨格筋の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 筋小胞体は、滑面小胞体である。 (2) 筋線維の数は、筋力トレーニングで増加する。 (3) 筋収縮は、アクチンフィラメントの短縮で起こる。 (4) 遅筋線維は、速筋線維より… 続きを読む »31-38 骨格筋の構造と機能に関する記述である。

31-37 呼吸器疾患に関する記述である。

31-37 呼吸器疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) COPD(慢性閉塞性肺疾患)では、吸気時に口すぼめ呼吸がみられる。 (2) COPDでは、安静時エネルギー消費量が減少する。 (3) COPDでは、フィッシャー比が低下する。 (4) 気管支喘息では、発作時に気… 続きを読む »31-37 呼吸器疾患に関する記述である。

31-36 呼吸器系に関する記述である。

31-36 呼吸器系に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 右肺は、2葉に分かれている。 (2) 中枢性化学受容器は、延髄に存在する。 (3) 肺活量は、全肺気量に残気量を加えたものである。 (4) 横隔膜は、呼気時に収縮する。 (5)&nb… 続きを読む »31-36 呼吸器系に関する記述である。

31-35 神経系の構造と機能に関する記述である。

31-35 神経系の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 体温調節の中枢は、橋に存在する。 (2) くも膜は、脳の表面に密着している。 (3) 交感神経の興奮は、小腸の運動を抑制する。 (4) 舌下神経は、味覚を伝達する。 (5)… 続きを読む »31-35 神経系の構造と機能に関する記述である。

31-32 循環器疾患の成因と病態に関する記述である。

31-32 循環器疾患の成因と病態に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) くも膜下出血は、心房細動で起こる。 (2) 肺塞栓は、静脈血栓症で起こる。 (3) 右心不全では、肺うっ血が生じる。 (4) 狭心症では、心筋壊死が生じる。 (5)&n… 続きを読む »31-32 循環器疾患の成因と病態に関する記述である。

31-34 ホルモンとその分泌亢進によって生じる現象の組合せである。

31-34 ホルモンとその分泌亢進によって生じる現象の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 成長ホルモン —— 低血糖 (2) プロラクチン ——– 子宮収縮 (3)… 続きを読む »31-34 ホルモンとその分泌亢進によって生じる現象の組合せである。

31-31 肝障害に関する記述である。

31-31 肝障害に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) B型肝炎ウイルスは、RNAウイルスである。 (2) E型肝炎ウイルスは、主に血液を介して伝播する。 (3) 劇症肝炎では、意識障害を認める。 (4) 肝硬変では、プロトロンビン時間が短縮する。 (5)&n… 続きを読む »31-31 肝障害に関する記述である。

31-33 腎臓での水・電解質調節に関する記述である。

31-33 腎臓での水・電解質調節に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) バソプレシンは、水の再吸収を抑制する。 (2) カルシトニンは、カルシウムの再吸収を促進する。 (3) 副甲状腺ホルモン(PTH)は、リンの再吸収を抑制する。 (4) … 続きを読む »31-33 腎臓での水・電解質調節に関する記述である。

31-28 アディポカイン(アディポサイトカイン)に関する記述である。

31-28 アディポカイン(アディポサイトカイン)に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) レプチンは、食欲を亢進する。 (2) TNF-α(腫瘍壊死因子α)は、インスリン抵抗性を改善する。 (3) アディポネクチンは、インスリン抵抗性を引… 続きを読む »31-28 アディポカイン(アディポサイトカイン)に関する記述である。