ホーム » 第34回(令和2年度)管理栄養士国家試験の問題と解答・解説 » 第34回:人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

第34回:人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

スポンサーリンク


 

 

問題を解く

0%
123

第34回 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

 

第34回 人体の構造と機能及び疾病の成り立ちの問題を解いてみましょう。

問題は全部で26問あります。

1 / 26

34-17 器官・組織とその内腔を被う上皮細胞の組み合わせである。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

2 / 26

34-18 アミノ酸と糖質に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

3 / 26

34-19 核酸とその分解産物に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

4 / 26

34-20 生体エネルギーと酵素に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

5 / 26

34-21 アミノ酸・たんぱく質・糖質の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

6 / 26

34-22 恒常性(ホメオスタシス)に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

7 / 26

34-23 サルコペニアに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

8 / 26

34-24 臨床検査に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

9 / 26

34-25 症候に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

10 / 26

34-26 栄養・代謝に関わるホルモン・サイトカインに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

11 / 26

34-27 肥満症の診断基準に必須な健康障害である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

12 / 26

34-28 消化器系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

13 / 26

34-29 循環器系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

14 / 26

34-30 腎・尿路系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

15 / 26

34-31 内分泌器官と分泌されるホルモンの組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

16 / 26

34-32 内分泌疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

17 / 26

34-33 神経疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

18 / 26

34-34 呼吸器系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

19 / 26

34-35 COPD(慢性閉塞性肺疾患)に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

20 / 26

34-36 運動器系に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

21 / 26

34-37 骨粗鬆症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

22 / 26

34-38 女性生殖器疾患と妊娠合併症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

23 / 26

34-39 血液疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

24 / 26

34-40 免疫と生体防御に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

25 / 26

34-41 免疫・アレルギー疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

26 / 26

34-42 感染症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

Your score is

The average score is 64%

0%

 

第34回管理栄養士国家試験 分野別一覧

 

スポンサーリンク