コンテンツへスキップ

37-49 可食部 100 g 当たりの標準的な栄養成分含有量に関する記述である。

    スポンサーリンク


    37-49 可食部 100 g 当たりの標準的な栄養成分含有量に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

    ⑴ 薄力粉のたんぱく質含有量は、強力粉より多い。

    ⑵ 乾燥小豆の脂質含有量は、乾燥大豆より多い。

    ⑶ ラードの飽和脂肪酸含有量は、なたね油より多い。

    ⑷ 生しいたけのビタミン D 含有量は、乾しいたけより多い。

    ⑸ 柿のビタミン B12 含有量は、牡蠣より多い。

    問題引用元:厚生労働省. 『第37回管理栄養士国家試験の問題(午前の部)』(2023) . https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/001063776.pdf, (2023年2月26日閲覧)

    解答・解説を見る

     

    ⑴ 薄力粉のたんぱく質含有量は、強力粉より少ない

    図左:薄力粉(1等)、図右:強力粉(1等)

    ⑵ 乾燥小豆の脂質含有量は、乾燥大豆より少ない

    ⑶ ラードの飽和脂肪酸含有量は、なたね油より多い。

    ⑷ 生しいたけのビタミン D 含有量は、乾しいたけより少ない

    ⑸ 柿のビタミン B12 含有量は、牡蠣より少ない。

    左図:柿、右図:牡蠣

    画像出典:食品成分データベース(https://fooddb.mext.go.jp/)

    ※当サイトの解説の転載、複製等は禁止いたします。
    スポンサーリンク


    コメント

    関連記事