当サイトについて

スポンサーリンク

Nスタディは、管理栄養士国家試験の解説を掲載しています。
管理栄養士を目指す皆さまの勉強方法の一つとして、当サイトをご利用いただければ幸いです。

一人でも多くの方が国家試験に無事合格し、管理栄養士としてご活躍されますように。


Nスタディでできること 

 過去5年分の問題を分野別で学ぶ

 最新の第32回までの計1000問以上の解説を掲載しています。年度別・分野別に問題が分けられているので苦手分野だけ集中して勉強することもできます。
 国家試験の合格のためには過去問題を確認し、問題の傾向をつかむことが大切です。
 また、問題の解答の確認だけでなく、なぜその問題が正しいのか、なぜ誤りなのかを確認するようにすることで理解が深まります。

 好きな場所、時間で学習できる

 Nスタディは、スマホやパソコンがあれば学校や家、外出先など、どこでも利用することができます。

サイトのご利用方法 

過去問題の解説は、基本的に以下の形式で作成されています。

解答・解説を見る

31-39 骨粗鬆症に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
→※問題番号(例は、第31回の39問目を表しています。)

(1) 骨粗鬆症では、骨塩量が減少する。
(2) 骨軟化症は、骨の石灰化障害である。
(3) くる病は、小児に発症した骨軟化症である。
(4) エストロゲンは、骨吸収を抑制する。
 閉経後では、骨吸収を抑制するエストロゲンの分泌が低下するため骨がもろくなりやすくなる。
(5) 副腎皮質ステロイド薬の長期投与は、骨粗鬆症のリスク因子である。

正しい選択肢にはを、誤っているものや適切ではないものにはが先頭に付けられていますが、ほとんどが赤文字で正しい文に直してあります。

注意事項

 当サイトには、5年以上前の問題も掲載しております。新しい情報へのアップデートは日々行っておりますが、過去の問題やその解説の中には、現在の知見や基準と異なるものがある場合がありますのでご利用の際はご注意ください。

 各疾患の治療方法、栄養管理基準等についてはそれぞれの最新の各疾病ガイドラインや食事摂取基準等をご参照ください。疾患等をお持ちの方などにつきましては、必ず医師の指示を仰いでくださいますよう宜しくお願い致します。

 以上のことをふまえ、当サイトに掲載されている解説内容につきましては、あくまで管理栄養士国家試験の試験対策としてご利用下さい。

免責事項

 当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、 本サイト上の文章及びその内容に関し如何なる保証もするものではありません。サイトのコンテンツご利用により、万一何らかの損害が発生したとしても、一切責任を負いかねます。

 もし、当サイト上の文書に記載されている事項について、誤りや分かりにくい点などが御座いましたらお問い合わせ下さい。出来る限り早急に対応させていただきます。

 当サイト上の文書に記載されている事項は、予告なしに変更・削除されることがありますので、予め御承知おき下さい。

 当サイトに対して行われているリンクおよび当サイトから行うリンクに関し、いかなる保証をするものではありません。リンク元、リンク先のウェブサイトの利用はそれぞれの利用規定に従ってご利用下さい。万一何らかの損害が発生したとしても、一切責任を負いかねます。

 当サイトに掲載されている文章、写真、などの著作物の二次的利用は、いかなる形態においても固くお断りいたします。


 当サイトの問題文及びそれに関連する図や表に関しましては、厚生労働省ホームページに掲載されている管理栄養士国家試験の問題および正答を引用させていただいております。

 問題文の確認は適宜行っておりますが、万が一誤字・脱字等を発見された場合にはお問い合わせよりご報告いただければ幸いです。