ホーム » ■ 管理栄養士国家試験解説 » 第26回(2012, H24) » 26-食べ物と健康

26-食べ物と健康

26-51 大豆とその加工品に関する記述である。

26-51 大豆とその加工品に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 大豆に含まれる主要たんぱく質は、グルテニンである。 (2) 湯葉は、大豆たんぱく質を凍結変性させたものである。 (3) 浜納豆は、納豆菌を用いて製造する。 (4) 大豆油に含まれる多価不飽和脂肪酸は、n-3系が多い… 続きを読む »26-51 大豆とその加工品に関する記述である。

26-52 卵の成分に関する記述である。

26-52 卵の成分に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) オボムコイドは、ゆで加熱により凝固する。 (2) 卵黄の脂質は、トリアシルグリセロールが主成分である。 (3) 卵白の鉄含量は、卵黄より多い。 (4) 卵黄は、卵白よりアレルギーを起こしやすい。 (5) 全卵のコレステロー… 続きを読む »26-52 卵の成分に関する記述である。

26-53 嗜好飲料に関する記述である。

26-53 嗜好飲料に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 果汁100%の果実飲料は、JAS規格では果実ジュースという。 (2) コーラには、カフェインが含まれない。 (3) ココアの苦味成分は、テアニンである。 (4) ウー口ン茶のタンニン量は、紅茶に比べて多い。 (5) 緑茶は… 続きを読む »26-53 嗜好飲料に関する記述である。

26-54 ビタミンAに関する記述である。

26-54 ビタミンAに関する記述である。[ ]に入る正しいものの組合せはどれか。1つ選べ。  体内に吸収されてビタミンAとしての効力を示す[ a ]には、ビタミンとしての効力が最も大きい[ b ]や、その半分の効力を示す[ c ]がある。      a            b          … 続きを読む »26-54 ビタミンAに関する記述である。

26-55 食品コロイドに関する記述である。

26-55 食品コロイドに関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。 (1) 卵白は、親水コロイドである。 (2) 加熱した寒天は、冷やすとゾルに変化する。 (3) ショートニングは、窒素ガスが分散したコロイドである。 (4) クリームからバターを作るとき、エマルションはO/W型からW/O型… 続きを読む »26-55 食品コロイドに関する記述である。

26-56 食物繊維に関する記述である。

26-56 食物繊維に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) エネルギー値は、日本食品標準成分表2010では0 kcalとみなされている。 (2) キチンは、動物より植物に多く含まれる。 (3) 水溶性食物繊維は、コレステロールの吸収抑制作用を示す。 (4) レジスタントスターチは、… 続きを読む »26-56 食物繊維に関する記述である。

26-57 特定保健用食品の関与成分とその作用に関する記述である。

26-57 特定保健用食品の関与成分とその作用に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) カゼインホスホペプチドは、カルシウム吸収を促進する作用がある。 (2) キシリトールは、血中の中性脂肪値を低下させる作用がある。 (3) アラビノースは、血中のコレステロール値を低下させる作用があ… 続きを読む »26-57 特定保健用食品の関与成分とその作用に関する記述である。

26-58 トランス型不飽和脂肪酸に関する記述である。

26-58 トランス型不飽和脂肪酸に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 食用油を高温加熱しても、生成しない。 (2) 食用油の水素添加の過程で生成する。 (3) コーデックス(Codex)委員会では、共役トランス型結合を1個以上持つ不飽和脂肪酸と定義している。 (4) わが国では… 続きを読む »26-58 トランス型不飽和脂肪酸に関する記述である。

26-59 カンピロバクターとそれによる食中毒に関する記述である。

26-59 カンピロバクターとそれによる食中毒に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 夏期より冬期に多発する食中毒である。 (2) 菌が産生した腸管毒素によって発症する。 (3) 潜伏期は、2~5日である。 (4) 畜肉類に比べて、魚介類による発症例が多い。 (5) 耐熱性であり、… 続きを読む »26-59 カンピロバクターとそれによる食中毒に関する記述である。

26-60 自然毒による食中毒に関する記述である。

26-60 自然毒による食中毒に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) イシナギの肝臓を多量に摂取すると、ビタミンE過剰症が起こる。 (2) フグ毒のテトロドトキシンは、加熱することで無毒化される。 (3) オゴノリ中毒の原因物質は、ソラニンである。 (4) ツキヨタケ中毒の原因物質… 続きを読む »26-60 自然毒による食中毒に関する記述である。

26-61 牛海綿状脳症(BSE)に関する記述である。

26-61 牛海綿状脳症(BSE)に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) BSEに罹患した牛からヒトへ感染する可能性はない。 (2) 肋骨は、BSEの病因物質が蓄積する部位(特定部位)である。 (3) 口蹄疫ウイルスがBSEの病因物質である。 (4) 調理加熱でBSEの病因物質は、… 続きを読む »26-61 牛海綿状脳症(BSE)に関する記述である。

26-62 放射性物質に関する記述である。

26-62 放射性物質に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。 (1) ストロンチウム90は、放射性物質である。 (2) 放射性物質の中には、1年以上の物理的半減期を持つものがある。 (3) ヨウ素131は、生体中で甲状腺機能障害の原因となる。 (4) セシウム137は、ばれいしょの発芽… 続きを読む »26-62 放射性物質に関する記述である。

26-63 食品添加物に関する記述である。

26-63 食品添加物に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 「既存添加物名簿」には、化学合成した添加物が記載されている。 (2) L-アスコルビン酸を酸化防止剤として使用する場合は、使用基準がない。 (3) dl-α-トコフェロールは、栄養強化の目的で使用することがで… 続きを読む »26-63 食品添加物に関する記述である。

26-64 食品衛生管理に関する記述である。

26-64 食品衛生管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 総合衛生管理製造過程の承認は、内閣総理大臣が行う。 (2) 総合衛生管理製造過程には、HACCPシステムが組み込まれている。 (3) HACCPシステムでは、管理基準から逸脱した場合の措置は対象外である。 (4) コー… 続きを読む »26-64 食品衛生管理に関する記述である。

26-65 遺伝子組換え食品の表示に関する記述である。

26-65 遺伝子組換え食品の表示に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 分別流通管理をしていない非遺伝子組換え作物は、「遺伝子組換え不分別」の表示が省略できる。 (2) 遺伝子組換え大豆を原料とするしょう油は、遺伝子組換え食品の表示が義務づけられている。 (3) 表示義務の対象と… 続きを読む »26-65 遺伝子組換え食品の表示に関する記述である。