32-142 褥瘡に関する記述である。

スポンサーリンク

32-142 褥瘡に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1)評価法には、DESIGN-R®がある。
(2)肩甲骨部は、好発部位である。
(3)十分なエネルギー摂取が、必要である。
(4)滲出液がみられる時には、水分制限を行う。
(5)予防には、除圧管理が有効である。

解答・解説を見る
(1)評価法には、DESIGN-R®がある。

 DESIGN-R®は、日本褥瘡学会によって作られた褥瘡の評価法である。
 Depth(深さ)、Exudate(滲出液)、Size(大きさ)、Inflammation/Infection(炎症/感染)、Granulation(肉芽組織)、Necrotic tissue(壊死組織)、Pocket(ポケット)の頭文字をとってDESIGN-R®となった。

(2)肩甲骨部や踵骨部、後頭部、尾骨部、腸骨部、肘頭部など身体の出っ張っている部分や圧がかかりやすい部分は、好発部位である。

(3)十分なエネルギー摂取が、必要である。

 エネルギー不足は褥瘡悪化の原因となる。褥瘡では、褥瘡部からのタンパク質や水分の喪失がみられるためそれらを考慮したうえでのアプローチが必要である。

(4)滲出液がみられる時には、水分は十分に摂取する。

 滲出液による水分の喪失がみられることや、脱水は褥瘡悪化の原因となることから(腎機能の低下などによる水分制限がある場合を除き)水分はこまめに適量摂取する。

(5)予防には、除圧管理が有効である。

 長時間同部位に圧がかかることは褥瘡の原因となるため、定期的に体位を変えたり機器をしようするなどして耐圧を分散させる。

コメント