ホーム » ■ 管理栄養士国家試験解説 » 第33回(2019, R1) » 33-給食経営管理論

33-給食経営管理論

33-160 地域における生活習慣病に対するハイリスクアプローチである。

33-160 地域における生活習慣病に対するハイリスクアプローチである。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)スーパーマーケットにおける減塩キャンペーンの実施 (2)広報誌による情報提供 (3)市民公開講座の開催 (4)特定保健指導における積極的支援 (5)公共施設におけるポスターの掲示

33-161 特定給食施設で提供される給食に関する記述である。

33-161 特定給食施設で提供される給食に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。 (1)利用者の生活習慣に配慮する。 (2)利用者の身体状況に配慮する。 (3)利用者の嗜好に配慮する。 (4)利用者の望ましい食習慣の形成を目指す。 (5)利用者は全地域住民を対象とする。

33-162 給食経営管理におけるサブシステムとその主な目的の組合せである。

33-162 給食経営管理におけるサブシステムとその主な目的の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)栄養・食事管理―――調理従事者の労働安全性を確保する。 (2)献立管理――――――具体的な栄養量の基準を設定する。 (3)品質管理――――――計画した食事・サービスを実現させる。 (4)安… 続きを読む »33-162 給食経営管理におけるサブシステムとその主な目的の組合せである。

33-163 給食経営管理におけるサブシステムとその管理業務の組合せである。

33-163 給食経営管理におけるサブシステムとその管理業務の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)栄養・食事管理―――遊離残留塩素濃度検査 (2)食材料管理―――――在庫量調査 (3)品質管理――――――備品調査 (4)安全・衛生管理―――残菜調査 (5)施設・設備管理―――提供時の品… 続きを読む »33-163 給食経営管理におけるサブシステムとその管理業務の組合せである。

33-164 特定給食施設とそこで働く管理栄養士の業務の組合せである。

33-164 特定給食施設とそこで働く管理栄養士の業務の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)学校給食センター―――栄養改善加算に基づく栄養管理 (2)事業所――――――――栄養サポートチームへの参画 (3)病院―――――――――栄養指導員としての特定施設の指導 (4)介護老人保健施設―… 続きを読む »33-164 特定給食施設とそこで働く管理栄養士の業務の組合せである。

33-166 サイクルメニュー導入の利点に関する記述である。

33-166 サイクルメニュー導入の利点に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。 (1)献立作成業務が軽減できる。 (2)食材料発注業務が簡素化できる。 (3)調理作業が標準化できる。 (4)棚卸業務が省略できる。 (5)食数管理が効率化できる。

33-167 給食施設における経営資源とその課題の組み合わせである。

33-167 給食施設における経営資源とその課題の組み合わせである。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)人的資源―――施設・設備の老朽化 (2)物的資源―――労務費の増大 (3)資金的資源――利用者情報の不足 (4)情報的資源――調理従事者の不足 (5)時間的資源――労働生産性

33-168 給食の運営業務を委託している病院が、給食業務委託事業者の参加を求めて実施すべき業務である。

33-168 給食の運営業務を委託している病院が、給食業務委託事業者の参加を求めて実施すべき業務である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)献立表作成基準の作成 (2)食数の注文・管理 (3)食事箋の管理 (4)嗜好調査の企画・実施 (5)検食の実施・評価

33-169 介護老人保健施設における入所者のモニタリングに関する記述である。

33-169 介護老人保健施設における入所者のモニタリングに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)BMIを生活習慣から把握する。 (2)摂食・嚥下機能を栄養管理報告書により把握する。 (3)嗜好を食札により把握する。 (4)食事摂取状況を喫食率により把握する。 (5)排便の情報を残菜… 続きを読む »33-169 介護老人保健施設における入所者のモニタリングに関する記述である。

33-170 K小学校に勤務する学校給食栄養管理者である。

33-170 K小学校に勤務する学校給食栄養管理者である。児童が林間学校に行くにあたり、宿泊施設の予定献立の確認を行う際に、事前に確認が必要な項目である。1つ選べ。 (1)地場産食品 (2)児童の食物アレルギーの有無 (3)児童の嗜好 (4)児童の給与エネルギー量

33-171 事業所給食の汁物の食塩濃度が設計品質と一致しなかった。

33-171 事業所給食の汁物の食塩濃度が設計品質と一致しなかった。この適合品質の低下要因である。誤っているのはどれか。1つ選べ。 (1)材料洗浄時の付着水 (2)加熱機器のレイアウト (3)調味のタイミング (4)調理員の熟練度 (5)ウォーマーテーブルでの保温温度

33-172 給食の原価管理に関する記述である。

33-172 給食の原価管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)原価は、生産・販売およびサービス提供のために要した費用である。 (2)損益計算書の売上原価には、間接経費が含まれる。 (3)損益分岐点比率が高いほど、収益が高い。 (4)減価償却費は、変動費に含まれる。 (5)パート… 続きを読む »33-172 給食の原価管理に関する記述である。

33-173 給食の食材管理に関する記述である。

33-173 給食の食材管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1)廃棄部のある食材料は、1人分の純使用量に予定食数を乗じて発注する。 (2)即日消費する生鮮食品の納品は、食品受払簿に記録する。 (3)冷凍食品の検収では、化学的検査法による鑑別を行う。 (4)在庫品の棚卸しは、不定期… 続きを読む »33-173 給食の食材管理に関する記述である。

33-174 給食のオペレーションシステムとそれに関連する事項の組合せである。

33-174 給食のオペレーションシステムとそれに関連する事項の組合せである。正しいのはどれか。2つ選べ。 (1)レディフードシステム――――――クックサーブ (2)コンベンショナルシステム――――クックフリーズ (3)セントラルキッチンシステム―――サテライトキッチン (4)セルフサービスシステム… 続きを読む »33-174 給食のオペレーションシステムとそれに関連する事項の組合せである。