32-136 内分泌疾患の病態と栄養管理に関する記述である。

スポンサーリンク

32-136 内分泌疾患の病態と栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)クッシング症候群では、インスリン感受性が亢進する。
(2)クッシング症候群では、カリウム制限食とする。
(3)バセドウ病では、基礎代謝が亢進する。
(4)バセドウ病では、たんぱく質制限食とする。
(5)橋本病では、血清総コレステロール値が低下する。

解答・解説を見る

(1)クッシング症候群では、インスリン抵抗性が亢進する。

 クッシング症候群の特徴的な症状として、二次性の高血圧や糖尿病、満月様顔貌、赤ら顔、中心性肥満などがある。

(2)クッシング症候群では、カリウム制限食は行わない。

 クッシング症候群では、低カリウム血症がみられ、カリウム制限は行わない。

(3)バセドウ病では、基礎代謝が亢進する。

(4)バセドウ病では、高タンパク質食とする。

(5)橋本病では、血清総コレステロール値が上昇する。

 血清総コレステロール値が低下するのは、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)である。

コメント