ホーム » 管理栄養士国家試験の過去問題を解く » 第35回の過去問題を解く » 第35回 臨床栄養学の問題を解く

第35回 臨床栄養学の問題を解く

スポンサーリンク


 

 

0%
99

第35回

第35回 臨床栄養学

第35回管理栄養士国家試験の臨床栄養学の問題です。

1 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-111 入院時食事療養(Ⅰ)の届出を行った保険医療機関において、特別食加算が算定できる治療食に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

2 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-112 クリニカルパスに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

3 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-113 水分出納において、体内に入る水分量として計算する項目である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

4 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-114 経腸栄養法が禁忌となる患者である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

5 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-115 経腸栄養剤に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

6 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-116 糖尿病食事療法のための食品交換表に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

7 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-117 てんかん食とその摂取により生じる代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

8 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-118 医薬品と医薬品が栄養素に及ぼす影響の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

9 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-119 問題志向型診療録(POMR)とその内容に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

10 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-120 ビタミンとその欠乏症の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

11 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-121 55 歳、男性。デスクワーク中心の仕事。身長 165 cm、体重 76 kg、BMI 27.9 kg/m²、標準体重 60 kg、内臓脂肪面積 110 cm²。他に異常は認められなかった。この患者の 1 日当たりの目標栄養量である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

12 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-122 脂質異常症の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

13 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-123 消化器疾患と栄養管理の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

14 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-124 慢性心不全に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

15 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-125 CKD 患者に対するたんぱく質制限(0.8~1.0 g/kg 標準体重/日)に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

16 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-126 標準体重 60 kg の大動脈石灰化を認める維持血液透析患者に対して、 1 日当たりの摂取量の評価を行った。改善が必要な項目として、最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

17 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-127 クッシング症候群で低下する検査値である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

18 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-128 93 歳、女性。身長 150 cm、体重 50 kg、BMI 22.2 kg/m2。 2 年前に認知症と診断され、その頃から誤嚥性肺炎を繰り返し、胃瘻を造設した。この患者の栄養管理に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

19 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-129 70 歳、男性。高 CO2 血症を認める COPD 患者である。この患者の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

20 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-130 胃潰瘍で出血を起こすと、上昇する血液検査値である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

21 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-131 食物アレルギーに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

22 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-132 入院 2 日目の敗血症患者の病態と栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

23 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-133 がん患者の病態と栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

24 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-134 受傷後 4 日目の重症外傷患者の病態と経腸栄養法に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

25 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-135 糖原病Ⅰ型の幼児の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

26 / 26

Category: 第35回-臨床栄養学

35-136 妊娠 16 週の妊婦、35 歳。身長 165 cm、体重 73 kg、BMI 26.8 kg/m2、標準体重 60 kg、非妊娠時体重 72 kg。妊娠糖尿病と診断された。この妊婦の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

Your score is

The average score is 49%

0%

 

 

スポンサーリンク