第32回:栄養教育論

スポンサーリンク

32-100 「週3日休肝日にする」という行動日標を、1か月継続している男性への管理栄養士の支援である。
32-101 血圧が高めの高齢女性に、計画的行動理論を活用した減塩のための支援を行った。
32-102 イノベーション普及理論によれば、イノベーションの普及には、相対的優位性、適合性、わかりやすさ(複雑性)、試行可能性、可観測性の5つの条件が関係する。管理栄養士が新たに作成した離乳食メニュー集を、速やかに普及させるために、相対的優位性を活用した内容である。
32-103 全国の女子高校生を対象に、メディアを活用してやせすぎに対する注意喚起を促す情報を発信することになった。
32-104 妊娠初期の妊婦に対する栄養カウンセリングの初回面接である。
32-105 食事を食べる速さがとても速いと話す、営業職の男性肥満者に対する栄養カウンセリングである。
32-106 毎回学校給食を残すA子さんに、給食を完食することについて、考えを尋ねた。
32-107 ストレスマネジメントには、問題焦点コーピングと情動焦点コーピングがある。仕事の忙しさがストレスとなり暴飲暴食になってしまうと話す、肥満の単身男性のストレスマネジメントである。
32-108 災害を想定して、校区ごとに防災ネットワークを設立することになった。地域のソーシャルキャピタルを高めるための、管理栄養士の働きかけに関する記述である。
32-109 小学校において、1年生が正しく著を使えるようになることをねらいとした、食に関する指導を実施することとなった。ねらいに合った環境目標である。
32-110 多忙で管理栄養士との面接の時間が取れないと話す、男性に対する減量のための支援である。
32-111 独居の後期高齢者に対し、低栄養改善を目的とした訪問栄養指導を行った。実施記録内容と評価の種類の組合せである。
32-112 地域で、3回シリーズの調理を含む教室を実施した。栄養教育プログラムの形成的評価である。
32-113 高校の水泳部監督から、部員全員の体組成を毎年モニタリングしているが、体格がよくならないと相談され、部員の体作りを目的とする栄養教育に初めて取り組むことになった。
32-114 個人の健康行動に作用する要因を生態学的モデルで捉えると、個人内、個人間、組織、地域、政策といった多層のレベルがある。大学生対象の適正飲酒の取組と、生態学的モデルの各レベルの組合せである。

前に戻る ホームに戻る お問い合わせはこちら