ホーム » ■ 管理栄養士国家試験解説 » 第25回(2011, H23) » 25-臨床栄養学

25-臨床栄養学

25-144 貧血についての記述である。

25-144 貧血についての記述である。正しいのはどれか。 (1) 血中ヘモグロビン値が低値の時は、貯蔵鉄は充足している。 (2) 血中エリスロポエチン値の減少により、小球性低色素性貧血を起こす。 (3) 胃切除後の悪性貧血は、手術直後に起こる。 (4) 体内の貯蔵鉄が減少していると、鉄の吸収率は低… 続きを読む »25-144 貧血についての記述である。

25-140 腹膜透析患者の食事療法に関する記述である。

25-140 腹膜透析患者の食事療法に関する記述である。正しいのはどれか。 (1) 総エネルギー摂取量は、30kcal/kg標準体重/日とする。 (2) たんぱく質は、0.6g/kg標準体重/日とする。 (3) カリウムは、800mg/日以下とする。 (4) … 続きを読む »25-140 腹膜透析患者の食事療法に関する記述である。

25-139 慢性腎不全に関する記述である。

25-139 慢性腎不全に関する記述である。正しいのはどれか。 (1) 血清リン値は、低下する。 (2) 副甲状腺ホルモンの分泌は、低下する。 (3) 代謝性アルカローシスを起こす。 (4) 血中1α,25-ジヒドロキシビタミンD値は、上昇する。 … 続きを読む »25-139 慢性腎不全に関する記述である。

25-138 成人のネフローゼ症候群に関する記述である。

25-138 成人のネフローゼ症候群に関する記述である。正しいのはどれか。 (1) 糸球体毛細血管のたんぱく質の透過性は、亢進している。 (2) 血漿膠質浸透圧は、上昇している。 (3) 浮腫に対しては、水分摂取量を80mL/kg標準体重/日にする。 (4) … 続きを読む »25-138 成人のネフローゼ症候群に関する記述である。

25-135 非アルコール性脂肪性肝炎に関する記述である。

25-135 非アルコール性脂肪性肝炎に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。 a  C型肝炎ウイルスは、原因となる。 b 肝臓組織の鉄量は、低下する。 c インスリン抵抗性が、みられる。 d 肝臓組織の繊維化が進む。  (1) aとb (2) aとc (3) aとd (… 続きを読む »25-135 非アルコール性脂肪性肝炎に関する記述である。