コンテンツへスキップ

⑨給食経営管理論

36-160 一汁二菜の定食方式で運営している事業所給食において、個別対応の方法を検討した。

    36-160 一汁二菜の定食方式で運営している事業所給食において、個別対応の方法を検討した。調理工程が増えるものとして、最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 飯を大盛り、中盛り、小盛りから選択できるようにする。 ⑵ 飯を白米と雑穀米から選択できるようにする。 ⑶ シチューにスモールサイズを作り、… 続きを読む »36-160 一汁二菜の定食方式で運営している事業所給食において、個別対応の方法を検討した。

    36-159 介護保険施設における、目測法による個人の食事摂取量の評価に関する記述である。

      36-159 介護保険施設における、目測法による個人の食事摂取量の評価に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 正確な摂取量を把握できる。 (2) 食べ残し量で摂取量を評価する。 (3) 評価は、評価者個人の基準を用いて行う。 (4) 食べ残したお浸しの汁は、残菜に含める。 … 続きを読む »36-159 介護保険施設における、目測法による個人の食事摂取量の評価に関する記述である。

      36-157 クックサーブシステムで、直営で給食の運営を行っている病院である。

        36-157 クックサーブシステムで、直営で給食の運営を行っている病院である。調理従事者にはパートタイマーが含まれる。朝食をアッセンブリーサーブシステムに変更することになった。このことにより、削減が期待できない項目である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 調理機器の使用時間 (2) 大… 続きを読む »36-157 クックサーブシステムで、直営で給食の運営を行っている病院である。

        36-156 コンベンショナルシステムからセントラルキッチンシステムに移行することになった。

          36-156 コンベンショナルシステムからセントラルキッチンシステムに移行することになった。移行計画と経営管理のプロセスとの組合せである。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 経営方針に基づく移行計画の策定 —————&#8212… 続きを読む »36-156 コンベンショナルシステムからセントラルキッチンシステムに移行することになった。

          36-154 健康増進法に基づき、管理栄養士を置かなければならない特定給食施設である。

            36-154 健康増進法に基づき、管理栄養士を置かなければならない特定給食施設である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1)  3 歳以上の児に昼食 100 食を提供する保育所 (2) 朝食、夕食でそれぞれ 250 食を提供する社員寮 (3) 朝食 30 食、昼食 300 食を提供する大学の… 続きを読む »36-154 健康増進法に基づき、管理栄養士を置かなければならない特定給食施設である。

            36-153 特定給食施設の設置者が取り組むことで、利用者の適切な栄養管理につながる取組である。

              36-153 特定給食施設の設置者が取り組むことで、利用者の適切な栄養管理につながる取組である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 管理栄養士や栄養士の配置 (2) 利用者の栄養状態を多職種で共有できる仕組みづくり (3) 食料自給率向上のためのシステム構築 (4) 食中毒を防止するための… 続きを読む »36-153 特定給食施設の設置者が取り組むことで、利用者の適切な栄養管理につながる取組である。

              35-153 特定給食施設で提供される給食が担うことのできる役割である。

                35-153 特定給食施設で提供される給食が担うことのできる役割である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 健康寿命の延伸に寄与する。 ⑵ 地産地消の推進に寄与する。 ⑶ 利用者の食環境を整える。 ⑷ 不特定多数の人々の栄養管理を行う。 ⑸ 栄養教育の教材として活用できる。

                35-154 給食経営管理におけるトータルシステムに関する記述である。

                  35-154 給食経営管理におけるトータルシステムに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 食材料を資源として投入し、食事に変換するシステムである。 ⑵ 資源を組織的に組み合わせるシステムである。 ⑶ オペレーションシステムである。 ⑷ 管理業務を単独で機能させるシステムである。… 続きを読む »35-154 給食経営管理におけるトータルシステムに関する記述である。

                  35-155 給食を提供する施設の種類と給食運営に関わる法規の組合せである。

                    35-155 給食を提供する施設の種類と給食運営に関わる法規の組合せである。正しいのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 児童養護施設       学校給食法 ⑵ 乳児院          児童福祉法 ⑶ 母子生活支援施設     労働安全衛生法 (4) 介護老人保健施設     老人福祉法 (5) 介護老… 続きを読む »35-155 給食を提供する施設の種類と給食運営に関わる法規の組合せである。

                    35-157 事業所給食における情報資源とその活用の組合せである。

                      35-157 事業所給食における情報資源とその活用の組合せである。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 対象集団の人員構成          食材料費の算出 ⑵ 健康診断による有所見者の割合     メニューの見直し ⑶ 料理別販売実績            調理従事者の衛生講習会の計画 (4… 続きを読む »35-157 事業所給食における情報資源とその活用の組合せである。

                      35-158 事業所の給食運営を食単価契約で受託している給食会社が、当該事業所の損益分岐点分析を行った。

                        35-158 事業所の給食運営を食単価契約で受託している給食会社が、当該事業所の損益分岐点分析を行った。その結果、生産食数に変化はないが、損益分岐点が低下していた。その低下要因である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 食材料費の高騰 ⑵ パートタイム調理従事者の時給の上昇 ⑶ 正社員調理従事… 続きを読む »35-158 事業所の給食運営を食単価契約で受託している給食会社が、当該事業所の損益分岐点分析を行った。