第32回:臨床栄養学

スポンサーリンク

32-115   介護報酬、診療報酬に関する記述である。
32-116   臨床栄養に関わる用語とその説明の組合せである。
32-117 骨格筋量のアセスメント指標である。
32-118 経腸栄養法に関する記述である。
32-119 静脈栄養法に関する記述である。
32-120 食品が医薬品の薬理効果に及ぼす影響に関する記述である。
32-121 SOAPとその記載内容の組合せである。
32-122 薬剤とその適応疾患の組合せである。
32-123 肥満症に関する記述である。
32-124 54歳、女性。現体重52kg、標準体重50kg、事務員(軽労作)。
32-125 高カイロミクロン血症の栄養管理に関する記述である。
32-126 高尿酸血症の栄養管理および治療薬とその主な効果の組合せである。
32-127 胃食道逆流症の栄養管理に関する記述である。
32-128 消化器疾患とその栄養管理の組合せである。
32-129腸疾患の栄養管理に関する記述である。
32-130 肝硬変の栄養管理に関する記述である。
32-131 合併症のない男性高血圧症患者の栄養管理に関する記述である。
32-132 60歳、男性。身長168 cm、体重65 kg(標準体重62 kg)。虚血性心疾患と診断された。この患者の1日当たりの目標栄養
である。

32-133 62歳、男性。身長170 cm、体重80 kg(標準体重63.6 kg)、管理職(軽労作)。糖尿病腎症と診断された。血圧145/91 mmHg、推算糸球体濾過量(eGFR)70 mL/分/1.73 m2、血清カリウム値4.5 mEq/L。微量アルブミン尿がみられる。この患者の栄養管理に関する記述である。
32-134 CKD(慢性腎臓病)における成人の栄養管理に関する記述である。
32-135 透析患者の栄養管理に関する記述である。
32-136 内分泌疾患の病態と栄養管理に関する記述である。
32-137 神経性やせ症(神経性食欲不振症)の症候である。
32-138 食物アレルギーに関する記述である。
32-139 がん患者の栄養管理に関する記述である。
32-140 重症熱傷患者の入院翌日の病態と栄養管理に関する記述である。
32-141 ガラクトース血症(Ⅰ型)で除去すべき食品成分である。
32-142 褥瘡に関する記述である。

前に戻る ホームに戻る お問い合わせはこちら