ホーム » 管理栄養士国家試験の過去問題を解く » 第34回管理栄養士国家試験の過去問題を解く » 第34回午前の部の過去問題を解く

第34回午前の部の過去問題を解く

スポンサーリンク


0%
5

第34回 午前の部

 

第34回 午前の部の問題を解いてみましょう。

問題は全部で97問あります。

1 / 97

34-1 健康日本21(第二次)における健康寿命に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

2 / 97

34-2 わが国の人口指標のうち、最近減少しているものである。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

3 / 97

34-3 図は女性の部位別悪性新生物の年齢調整死亡率の経年変化を示している。①~④に当てはまる部位として正しい組み合わせはどれか。1つ選べ。

画像:厚生労働省,第34回管理栄養士国家試験 午前の部,https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000611937.pdfより

4 / 97

34-4 ランダム化比較試験に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

5 / 97

34-5 最近の国民健康・栄養調査に示された身体活動・運動の現状に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

6 / 97

34-6 睡眠と休養に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

7 / 97

34-7 最近のわが国の糖尿病に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

8 / 97

34-8 最近のわが国の脳血管疾患の年齢調整死亡率に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

9 / 97

34-9 「持続可能な開発目標(SDGs)」に先立ち、地球規模の環境問題に対する行動原則として「持続可能な開発」を示した文書である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

10 / 97

34-10 上・下水道及び水質に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

11 / 97

34-11 感染症法により、医師の診断後、直ちに保健所長を通じて都道府県知事へ届け出る疾患である。正しいのはどれか。1つ選べ。

12 / 97

34-12 労働衛生における作業環境管理である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

13 / 97

34-13 わが国の医療保険制度に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

14 / 97

34-14 わが国の医療制度に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

15 / 97

34-15 最近の国民医療費に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

16 / 97

34-16 母子保健に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ

17 / 97

34-17 器官・組織とその内腔を被う上皮細胞の組み合わせである。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

18 / 97

34-18 アミノ酸と糖質に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

19 / 97

34-19 核酸とその分解産物に関する記述である。最も適切なのはどれか。1つ選べ。

20 / 97

34-20 生体エネルギーと酵素に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

21 / 97

34-21 アミノ酸・たんぱく質・糖質の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

22 / 97

34-22 恒常性(ホメオスタシス)に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

23 / 97

34-23 サルコペニアに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

24 / 97

34-24 臨床検査に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

25 / 97

34-25 症候に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

26 / 97

34-26 栄養・代謝に関わるホルモン・サイトカインに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

27 / 97

34-27 肥満症の診断基準に必須な健康障害である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

28 / 97

34-28 消化器系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

29 / 97

34-29 循環器系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

30 / 97

34-30 腎・尿路系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

31 / 97

34-31 内分泌器官と分泌されるホルモンの組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

32 / 97

34-32 内分泌疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

33 / 97

34-33 神経疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

34 / 97

34-34 呼吸器系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

35 / 97

34-35 COPD(慢性閉塞性肺疾患)に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

36 / 97

34-36 運動器系に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

37 / 97

34-37 骨粗鬆症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

38 / 97

34-38 女性生殖器疾患と妊娠合併症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

39 / 97

34-39 血液疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

40 / 97

34-40 免疫と生体防御に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

41 / 97

34-41 免疫・アレルギー疾患に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

42 / 97

34-42 感染症に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

43 / 97

34-43 食料と環境に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

44 / 97

34-44 粉類とその原料の組合せである。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

45 / 97

34-45 野菜類に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

46 / 97

34-46 畜肉に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

47 / 97

34-47 鶏卵に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

48 / 97

34-48 糖・甘味類と構成糖の組合せである。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

49 / 97

34-49 食品の脂質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

50 / 97

34-50 食品 100 g 当たりのビタミン含有量に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

51 / 97

34-51 食品に含まれる色素に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

52 / 97

34-52 食品の三次機能により期待される作用に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

53 / 97

34-53 食品衛生法に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

54 / 97

34-54 食品の変質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

55 / 97

34-55 食中毒の原因となる細菌およびウイルスに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

56 / 97

34-56 自然毒食中毒と、その原因となる毒素の組合せである。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

57 / 97

34-57 食品に含まれる物質に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

58 / 97

34-58 わが国における食品添加物の使用に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

59 / 97

34-59 食品表示基準に基づく一般用加工食品の表示に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

60 / 97

34-60 栄養機能食品として表示が認められている栄養成分と栄養機能表示の組合せである。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

61 / 97

34-61 食品の加工に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

62 / 97

34-62 食品の保存に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

63 / 97

34-63 食品の容器・包装に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

64 / 97

34-64 食肉(生)の部位に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

65 / 97

34-65 鶏卵を用いた調理・加工に関する記述の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

66 / 97

34-66 飲み物の調理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

67 / 97

34-67 日本食品標準成分表 2015 年版(七訂)に新たに収載されたものである。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

68 / 97

34-68 食欲と日内リズムに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

69 / 97

34-69 消化酵素に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

70 / 97

34-70 糖質の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

71 / 97

34-71 血糖とその調節に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

72 / 97

34-72 たんぱく質とアミノ酸の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

73 / 97

34-73 食品たんぱく質の評価に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

74 / 97

34-74 空腹時の脂質代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

75 / 97

34-75 脂質の栄養に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

76 / 97

34-76 脂溶性ビタミンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

77 / 97

34-77 水溶性ビタミンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

78 / 97

34-78 ミネラルに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

79 / 97

34-79 体水分に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

80 / 97

34-80 電解質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

81 / 97

34-81 20 歳、体重 50 kg の女性が、3.0 メッツの運動を 1 時間行った。その 1 時間の総エネルギー消費量(kcal)の計算式である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。
身体活動レベル(PAL)は 1.75、基礎代謝基準値は 22.1(kcal/kg 体重/日)、安静時代謝量は基礎代謝量の 1.2 倍とする。

82 / 97

34-82 栄養アセスメントに用いる、半減期が約 20 日の血液成分である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

83 / 97

34-83 栄養アセスメントに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

84 / 97

34-84 日本人の食事摂取基準(2015 年版)における策定の基本的事項に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

85 / 97

34-85 日本人の食事摂取基準(2015 年版)と日本食品標準成分表 2015 年版(七訂)で、定義(対象とする化学物質の範囲)が異なる栄養素である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

86 / 97

34-86 日本人の食事摂取基準(2015 年版)における、成人の推定平均必要量(EAR)の策定根拠に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

87 / 97

34-87 成長・発達に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

88 / 97

34-88 妊娠期の生理的変化に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

89 / 97

34-89 妊娠期の栄養に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

90 / 97

34-90 新生児期・乳児期の生理的特徴に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

91 / 97

34-91 離乳の進め方に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

92 / 97

34-92 幼児期、学童期の栄養に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

93 / 97

34-93 更年期女性の生理的変化に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

94 / 97

34-94 高齢期の生理的変化に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

95 / 97

34-95 嚥下機能が低下している高齢者において、最も誤嚥しやすいものはどれか。1 つ選べ。

96 / 97

34-96 健康づくりのための身体活動基準 2013 に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

97 / 97

34-97 特殊環境下での生理的変化に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

Your score is

The average score is 38%

0%

スポンサーリンク