コンテンツへスキップ

28-人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

28-21 ヒトの細胞の構造と機能に関する記述である。

    28-21 ヒトの細胞の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 細胞膜は、リン脂質の二重層からなる。 (2) 赤血球には、ミトコンドリアが存在する。 (3) リソソームでは、たんぱく質の合成が行われる。 (4) 滑面小胞体では、グリコーゲン合成が行われる。 (5) iPS… 続きを読む »28-21 ヒトの細胞の構造と機能に関する記述である。

    28-22 糖質と脂質に関する記述である。

      28-22 糖質と脂質に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) グルコースは、5個の炭素原子をもつ。 (2) デオキシリボースは、6個の炭素原子をもつ。 (3) ホスファチジルコリンは、糖質である。 (4) リン脂質は、ホルモン感受性リパーゼにより分解される。 (5) ホスファチジル… 続きを読む »28-22 糖質と脂質に関する記述である。

      28-24 生体エネルギーと生体酸化に関する記述である。

        24 生体エネルギーと生体酸化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) グルタチオンは、活性酸素の産生に関与する。 (2) ATPは、高エネルギーリン酸化合物である。 (3) 脱共役たんぱく質(UCP)は、ATP合成を促進する。 (4) ATPの産生は、同化の過程で起こる。 (5) … 続きを読む »28-24 生体エネルギーと生体酸化に関する記述である。

        28-25 酵素に関する記述である。

          28-25 酵素に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) アポ酵素は、単独で酵素活性をもつ。 (2) 基質との親和性が低いと、ミカエリス定数(Km)は小さい。 (3) 酵素活性の調節機構として、酵素たんぱく質のリン酸化がある。 (4) アロステリック部位は、酵素の基質結合部位である。… 続きを読む »28-25 酵素に関する記述である。

          28-26 アミノ酸・たんぱく質の代謝に関する記述である。

            26 アミノ酸・たんぱく質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) ドーパミンは、グルタミン酸から生成される。 (2) γ-アミノ酪酸(GABA)は、チロシンから生成される。 (3) ユビキチンは、たんぱく質合成に関与する。 (4) オートファジー(autophag… 続きを読む »28-26 アミノ酸・たんぱく質の代謝に関する記述である。

            28-28 情報伝達に関する記述である。

              28-28 情報伝達に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 交感神経終末の伝達物質は、アセチルコリンである。 (2) 肝細胞のグルカゴン受容体刺激は、グリコーゲン合成を促進する。 (3) アドレナリン受容体は、核内受容体である。 (4) cAMP(サイクリックAMP)は、セカンドメ… 続きを読む »28-28 情報伝達に関する記述である。

              28-27 糖質・脂質の代謝に関する記述である

                27 糖質・脂質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 解糖系は、ミトコンドリアに存在する。 (2) ペントースリン酸回路は、ゴルジ体に存在する。 (3) 肝臓では、グルコース6-リン酸からグルコースが生成される。 (4) 脂肪酸合成は、核で行われる。 (5) β酸… 続きを読む »28-27 糖質・脂質の代謝に関する記述である

                28-29 加齢に伴う変化に関する記述である。

                  28-29 加齢に伴う変化に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。
                  (1) 老年症候群では、日常生活動作(ADL)が低下する。
                  (2) 起立性低血圧は、廃用症候群でみられる。
                  (3) パーキンソン病は、認知症の原因となる。
                  (4) 悪液質は、サルコペニアをきたす。
                  (5) ロコモティブシンドロームは、更年期障害をきたす。

                  続きを読む »28-29 加齢に伴う変化に関する記述である。

                  28-30 脳死を判定する必須項目である。

                    28-30 脳死を判定する必須項目である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 心停止を認める。 (2) 瞳孔が収縮している。 (3) 自発呼吸が消失している。 (4) 脳波でα波を認める。 (5) 対光反射がある。

                    28-31 症候と検査に関する記述である。

                      28-31 症候と検査に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) チアノーゼは、血清クレアチニン値の上昇により生じる。 (2) 黄疸は、血清ビリルビン値の上昇により生じる。 (3) 浮腫は、血漿膠質浸透圧の上昇により生じる。 (4) 直腸温は、腋窩温より低い。 (5) 吐血は、呼吸器か… 続きを読む »28-31 症候と検査に関する記述である。

                      28-32 血液検査に関する記述である。

                        28-32 血液検査に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。
                        (1) HbA1cは、過去1~2週間の血糖値を反映する。
                        (2) CRP(C反応性たんぱく質)は、炎症の指標として利用される。
                        (3) PSAは、胃がんの腫瘍マーカーである。
                        (4) ALTは、ASTより肝特異性が高い。
                        (5) 血清アルブミン値は、ネフローゼ症候群で上昇する。

                        続きを読む »28-32 血液検査に関する記述である。

                        28-33 疾患の治療に関する記述である。

                          28-33 疾患の治療に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 血液透析は、腹膜を用いた血液浄化法である。 (2) アルブミン製剤の投与は、成分輸血にあたる。 (3) 移植片対宿主反応は、輸血製剤中の赤血球が組織を傷害することをいう。 (4) 心房細動には、人工ペースメーカ植込を行う… 続きを読む »28-33 疾患の治療に関する記述である。

                          28-34 ホスピスにおける緩和医療に関する記述である。

                            28-34 ホスピスにおける緩和医療に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 薬物の投与は行わない。 (2) エネルギー量は、30kcal/kg標準体重/日以上を確保する。 (3) 誤嚥のリスクがあれば、経口摂取を禁忌とする。 (4) 延命目的の抗がん剤の投与は、行わない。 (5) … 続きを読む »28-34 ホスピスにおける緩和医療に関する記述である。

                            28-36 先天性代謝異常症に関する記述である。

                              28-36 先天性代謝異常症に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 糖原病Ⅰ型では、グルコースが過剰に産生される。 (2) フェニルケトン尿症では、精神発達障害がみられる。 (3) メープルシロップ尿症は、芳香族アミノ酸の代謝異常症である。 (4) ガラクトース血症は、原発性高脂血… 続きを読む »28-36 先天性代謝異常症に関する記述である。