32-141 ガラクトース血症(Ⅰ型)で除去すべき食品成分である。

スポンサーリンク

32-141 ガラクトース血症(Ⅰ型)で除去すべき食品成分である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)グルコース
(2)フルクトース
(3)スクロース
(4)マルトース
(5)ラクトース

解答・解説を見る

ガラクトース血症では、ガラクトース-1-リン酸ウリジルトランスフェラーゼ(GALT)という酵素が欠損しており、乳糖(ラクトース)やガラクトースの制限が必要である。治療法としては、乳糖除去食とする。

乳糖(ラクトース)は、ガラクトースとグルコースからなる二糖類である。

(1)グルコースは、単糖類の一つであり制限の必要はない。

(2)フルクトースは、単糖類の一つであり制限は必要ない。

(3)スクロースは、グルコースとフルクトース(果糖)からなる二糖類であり、制限の必要はない。

(4)マルトースは、グルコース2分子からなる二糖類であり、制限の必要はない。

(5)ラクトース(乳糖)は、グルコースとガラクトースからなる二糖類で、制限が必要である。

コメント