コンテンツへスキップ

27-応用力試験

27-199,200 60歳、男性。腸閉塞で入院1週間目、中心静脈栄養管理を行っている。身長165cm、体重60kg、体温36.5℃。 1日の補液量は2,000 mLで、補液中のNa+含有量は50 mEq/Lである。

     27-199,200 尿量は800 mL/日、尿中Na排泄量は400 mEq/Lであった。ただし、排便、排液による水分、電解質の喪失は考えないものとする。
    199代謝水を300 mL/日としたときの1日の水分バランスに関する評価である。正しいのはどれか。1つ選べ。
    (1) 約1,500 mLの正のバランスである。
    (2) 約600mLの正のバランスである。
    (3) 平衡状態である。
    (4) 約600 mLの負のバランスである。
    (5) 約1,500 mLの負のバランスである。
    200 1日のNaバランスに関する評価である。正しいのはどれか。1つ選べ。
    (1) 約350 mEqの正のバランスである。
    (2) 約220 mEqの正のバランスである。
    (3) 平衡状態である。
    (4) 約220 mEqの負のバランスである。
    (5) 約350 mEqの負のバランスである。

    続きを読む »27-199,200 60歳、男性。腸閉塞で入院1週間目、中心静脈栄養管理を行っている。身長165cm、体重60kg、体温36.5℃。 1日の補液量は2,000 mLで、補液中のNa+含有量は50 mEq/Lである。

    27-197,198 Aさん、45歳、男性。会社員。特定健康診査の結果は、身長166cm、体重71kg、BMI 25.8 kg/m2、腹囲84cm、血圧134/82 mmHg、血清中性脂肪値163 mg/dL、血清HDL-コレステロール値43 mg/dL、空腹時血糖値98 mg/dLであった。

       また、問診により以下のことが明らかとなった。服薬なし。食事は早食いで、ある。通勤で30分は歩いているが、特に運動はしていない。飲酒量は毎日ビール中瓶l本。喫煙は20歳から1日20本。生活習慣を変えるつもりはない。
      197特定保健指導では、最初に、内臓脂肪蓄積のリスクを判定する(ステップ1)。次に、追加リスクをカウントし(ステップ2)、保健指導レベルを決定する。Aさんの追加リスクの数と保健指導レベルの組合せである。正しいのはどれか。lつ選べ。
          追加リスクの数 保健指導レベル
      (1)    4 ----------—積極的支援
      (2)    3 ----------—積極的支援
      (3)    2 ----------—積極的支援
      (4)    2 ----------–動機付け支援
      (5)    1 ----------–動機付け支援


      198 Aさんの行動変容ステージにおける初回面接での対応である。誤っているのはどれか。1つ選べ。
      (1) 健診結果を見て、どのように感じていらっしゃいますか。
      (2) 内臓脂肪の蓄積により、心筋梗塞や脳卒中が起こりやすくなりますが、ご存じですか。
      (3) 現在の生活習慣を続けて病気になると、家族にどのような影響が出てくると思われますか。
      (4) 週末には、2時間程度の運動をしてみましょう。
      (5) 禁煙することについて、どのようにお考えですか。

      続きを読む »27-197,198 Aさん、45歳、男性。会社員。特定健康診査の結果は、身長166cm、体重71kg、BMI 25.8 kg/m2、腹囲84cm、血圧134/82 mmHg、血清中性脂肪値163 mg/dL、血清HDL-コレステロール値43 mg/dL、空腹時血糖値98 mg/dLであった。

      27-191,192上記の表から読みとることのできる、B県全体と比較したA町の地域診断に関する記述である。

        次の文を読み「191」、「192」に答えよ。
        下表は、B県にあるA町の人口静態および人口動態について、B県全体と比較したものである。
        (表)
        正しいのはどれか。2つ選べ。
        (1) 人口当たりの死亡者数は等しい。
        (2) 悪性新生物の罹患率が高い。
        (3) 高齢者の割合が高い。
        (4) 人口の自然増がみられる。
        (5) 生産年齢人口割合が低い。
        192上記の表におけるB県全体との比較に基づき、A町における公衆衛生活動の重点課題を検討した。正しいのはどれか。1つ選べ。
        (1) 高齢者の自立支援
        (2) 妊産婦に対する食生活改善指導
        (3) 職域における食環境整備
        (4) メタボリックシンドローム対策
        (5) がんの一次予防

        続きを読む »27-191,192上記の表から読みとることのできる、B県全体と比較したA町の地域診断に関する記述である。

        27-193,194 日本人の主食であるご飯に関する記述である。

          次の文を読み「193」、「194」に答えよ。
          精白米(穀粒)および精白米(めし)の一般成分およびナイアシン含量は、表1の通りである。また、表2には精白米(めし)のアミノ酸組成を示した。
          (クリックで拡大)
          ナイアシン
          193精白米(穀粒)から精白米(めし)への重量変化率(%)を、エネルギー値から推定した値である。正しいのはどれか。1つ選べ。
          (1) 50
          (2) 150
          (3) 180
          (4) 210
          (5) 300
          194精白米(めし) 200gのナイアシン当量(mgNE)である。正しいのはどれか。1つ選べ。
          (1) 0.2
          (2) 0.4
          (3) 0.8
          (4) 1.2
          (5) 1.6

          続きを読む »27-193,194 日本人の主食であるご飯に関する記述である。

          27-195,196 9月に学校給食を食べた児童に発熱、下痢、嘔吐の症状が確認された。

            次の文を読み「195」、「196」に答えよ。
            27-195,196 9月に学校給食を食べた児童に発熱、下痢、嘔吐の症状が確認された。調査の結果、初発探知が報告された3日前の給食が原因の食中毒と断定された。有症児童数のピークは原因の給食を食べた日から4日日であった。原因となった給食の献立は、食パン、蒸し鶏のサラダ(鶏肉、卵、じゃがいも、マヨネーズ)、ワンタンスープ、牛乳であった。調理前の食品の保存食および有症児童の便からは、病因物質が同定された。しかし、調理済み食品の保存食からは、確認できなかった。調理工程の記録から、すべての加熱調理は75℃以上、1分間以上の加熱を確認できた。
            195この食中毒の病因物質である。正しいのはどれか。1つ選べ。
            (1) ノロウイルス
            (2) ウェルシュ菌
            (3) 黄色ブドウ球菌
            (4) 腸炎ビブリオ
            (5) カンピロバクター
            196今回の食中毒事故の再発を防止するために、衛生管理として徹底すべき事項である。正しいのはどれか。1つ選べ。
            (1) ステンレス器具から木製器具への変更
            (2) 汚染作業区域から非汚染作業区域の作業に移る前の手洗い
            (3) 加熱調理に関して85℃以上、1分間以上の加熱
            (4) 調理従事者家族の検便検査
            (5) 給食当番児童の検便検査

            続きを読む »27-195,196 9月に学校給食を食べた児童に発熱、下痢、嘔吐の症状が確認された。