32-123 肥満症に関する記述である。



スポンサーリンク

32-123 肥満症に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1)高度肥満症は、BMI 30 kg/m2以上をいう。
(2)高度肥満症の治療には、外科療法がある。
(3)除脂肪体重の減少を目指す。
(4)超低エネルギー食(VLCD)は、600 kcal/日以下である。
(5)VLCDによる治療では、乳酸アシドーシスを生じやすい。

解答・解説を見る

(1)高度肥満症は、BMI 35 kg/m2以上をいう。

(2)高度肥満症の治療には、外科療法がある。

(3)脂肪量の減少を目指す。

 徐脂肪量の減少は基礎代謝の低下につながるため維持する。

(4)超低エネルギー食(VLCD)は、600 kcal/日以下である。

(5)VLCDによる治療では、ケトン体の上昇によるケトアシドーシスを生じやすい。

コメント