ホーム » 【午前の部】 » ④基礎栄養学

④基礎栄養学

36-68 栄養素とその過剰摂取による健康障害の組合せである。

36-68 栄養素とその過剰摂取による健康障害の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ ビタミン E      頭蓋内圧亢進 ⑵ ビタミン B1     血液凝固障害 ⑶ ビタミン B2     胎児奇形 ⑷ カルシウム      尿路結石 ⑸ マグネシウム     高血圧症

36-70 消化吸収率に関する記述である。

36-70 消化吸収率に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 消化吸収率とは、摂取した栄養素が吸収された割合を示す。 ⑵ 消化吸収率は、調理の影響を受ける。 ⑶ 消化吸収率は、同時に摂取する食品成分の影響を受ける。 ⑷ 見かけの消化吸収率は、摂取量から糞中内因性排泄量を差し引い… 続きを読む »36-70 消化吸収率に関する記述である。

36-71 糖質代謝に関する記述である。

36-71 糖質代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 空腹時は、筋肉への血中グルコースの取り込みが亢進する。 ⑵ 空腹時は、肝臓でのグリコーゲン分解が抑制される。 ⑶ 空腹時は、グリセロールからのグルコース合成が亢進する。 ⑷ 食後は、乳酸からのグルコース合成が亢進する。… 続きを読む »36-71 糖質代謝に関する記述である。

35-68 遺伝形質に関する記述である。

35-68 遺伝形質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 遺伝子多型は、遺伝子変異の発生頻度が集団の1 % 未満である。 ⑵ 遺伝子多型は、食習慣の影響を受けて生じる。 ⑶ 遺伝子多型の出現頻度は、人種による差異がない。 ⑷ b3 アドレナリン受容体遺伝子の変異は、肥満のリス… 続きを読む »35-68 遺伝形質に関する記述である。

35-69 食欲の調節に関する記述である。

35-69 食欲の調節に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 摂食中枢は、大脳皮質に存在する。 ⑵ 血中遊離脂肪酸の増加は、満腹中枢を刺激する。 ⑶ 血糖値の上昇は、摂食中枢を刺激する。 ⑷ レプチンの分泌量は、体脂肪量の影響を受ける。 ⑸ グレリンは、食欲を抑制する。

35-70 管腔内消化の調節に関する記述である。

35-70 管腔内消化の調節に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 胃相とは、食物が胃に入る前に起こる胃液分泌の変化をいう。 ⑵ 消化管運動は、交感神経系により促進される。 ⑶ ガストリンは、ペプシノーゲンの分泌を抑制する。 ⑷ コレシストキニンは、膵リパーゼの分泌を促進する。… 続きを読む »35-70 管腔内消化の調節に関する記述である。

35-71 糖質の代謝に関する記述である。

35-71 糖質の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 解糖系は、酸素の供給を必要とする。 ⑵ 赤血球における ATP の産生は、クエン酸回路で行われる。 ⑶ グルクロン酸経路(ウロン酸経路)は、ATP を産生する。 ⑷ ペントースリン酸回路は、脂質合成が盛んな組織で活発… 続きを読む »35-71 糖質の代謝に関する記述である。

35-72 血糖の調節に関する記述である。

35-72 血糖の調節に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 食後には、グルカゴンは、筋肉へのグルコースの取り込みを促進する。 ⑵ 食後には、インスリンは、肝臓のグリコーゲン分解を促進する。 ⑶ 食後には、単位重量当たりのグリコーゲン貯蔵量は、肝臓よりも筋肉で多い。 ⑷ 空腹時… 続きを読む »35-72 血糖の調節に関する記述である。

35-73 摂取するたんぱく質の量と質に関する記述である。

35-73 摂取するたんぱく質の量と質に関する記述である。 最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 飢餓時には、窒素出納が正になる。 ⑵ 過剰なたんぱく質の摂取は、アミノ酸の異化を亢進する。 ⑶ たんぱく質効率(PER)は、生物価に消化吸収率を加味する。 ⑷ アミノ酸価は、摂取エネルギー量に影響さ… 続きを読む »35-73 摂取するたんぱく質の量と質に関する記述である。

35-74 脂質の代謝に関する記述である。

35-74 脂質の代謝に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ ホルモン感受性リパーゼの活性は、インスリンにより亢進する。 ⑵ 脂肪細胞内のトリグリセリドは、主にリポたんぱく質リパーゼにより分解される。 ⑶ 食後は、肝臓でケトン体の産生が促進する。 ⑷ カイロミクロンは、小腸上皮… 続きを読む »35-74 脂質の代謝に関する記述である。

35-75 コレステロールに関する記述である。

35-75 コレステロールに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ エストロゲンは、血中 LDL コレステロール値を上昇させる。 ⑵ コレステロールの合成は、フィードバック阻害を受けない。 ⑶ HDL は、レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)の作用によりコレ… 続きを読む »35-75 コレステロールに関する記述である。

35-76 脂溶性ビタミンに関する記述である。

35-76 脂溶性ビタミンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 吸収された脂溶性ビタミンは、門脈に流れる。 ⑵ ビタミン A は、遺伝子発現を調節する。 ⑶ ビタミン D は、腸内細菌により合成される。 ⑷ ビタミン E は、膜脂質の酸化を促進する。 ⑸ ビタミン K は、血… 続きを読む »35-76 脂溶性ビタミンに関する記述である。

35-77 水溶性ビタミンに関する記述である。

35-77 水溶性ビタミンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ ビタミン B1 は、ピルビン酸をアセチル CoA に変換する反応の補酵素である。 ⑵ ビタミン B6 必要量は、たんぱく質摂取量の影響を受けない。 ⑶ ナイアシンは、グルタミン酸から合成される。 ⑷ ビタミン B… 続きを読む »35-77 水溶性ビタミンに関する記述である。

35-78 鉄に関する記述である。

35-78 鉄に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ⑴ 鉄は、汗に含まれる。 ⑵ 鉄の吸収率は、ヘム鉄よりも非ヘム鉄の方が高い。 ⑶ 非ヘム鉄は、 3 価鉄として吸収される。 ⑷ 貯蔵鉄は、トランスフェリンと結合している。 ⑸ ヘモクロマトーシスは、鉄の欠乏症である。 &nbsp… 続きを読む »35-78 鉄に関する記述である。