ホーム » 管理栄養士国家試験の過去問題を解く » 第34回管理栄養士国家試験の過去問題を解く » 第34回 応用栄養学の過去問題を解く

第34回 応用栄養学の過去問題を解く

スポンサーリンク


0%
108

第34回 応用栄養学

 

第34回 応用栄養学の問題を解いてみましょう。

問題は全部で16問あります。

1 / 16

34-82 栄養アセスメントに用いる、半減期が約 20 日の血液成分である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

2 / 16

34-83 栄養アセスメントに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

3 / 16

34-84 日本人の食事摂取基準(2015 年版)における策定の基本的事項に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

4 / 16

34-85 日本人の食事摂取基準(2015 年版)と日本食品標準成分表 2015 年版(七訂)で、定義(対象とする化学物質の範囲)が異なる栄養素である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

5 / 16

34-86 日本人の食事摂取基準(2015 年版)における、成人の推定平均必要量(EAR)の策定根拠に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

6 / 16

34-87 成長・発達に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

7 / 16

34-88 妊娠期の生理的変化に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

8 / 16

34-89 妊娠期の栄養に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

9 / 16

34-90 新生児期・乳児期の生理的特徴に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

10 / 16

34-91 離乳の進め方に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

11 / 16

34-92 幼児期、学童期の栄養に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

12 / 16

34-93 更年期女性の生理的変化に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

13 / 16

34-94 高齢期の生理的変化に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

14 / 16

34-95 嚥下機能が低下している高齢者において、最も誤嚥しやすいものはどれか。1 つ選べ。

15 / 16

34-96 健康づくりのための身体活動基準 2013 に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。

16 / 16

34-97 特殊環境下での生理的変化に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

Your score is

The average score is 68%

0%

スポンサーリンク