30-67 ゲル化剤に関する記述である。


30-67 ゲル化剤に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)ゼラチンゲルは、寒天ゲルに比べ弾力が無い。
(2)ゼラチンのゲル化温度は、カラギーナンと同じである。
(3)ゼラチンゲルのゼラチン温度は、通常8~10%である。
(4)寒天の溶解温度は、通常60~65℃である。
(5)ペクチンゲルは、寒天ゲルに比べ耐熱性が強い。

解答・解説を見る

(1)ゼラチンゲルは、寒天ゲルに比べ弾力がある。

(2)ゼラチンのゲル化温度は、カラギーナンよりも低い。

(3)ゼラチンゲルのゼラチン温度は、通常2~3%である。

(4)寒天の溶解温度は、通常85℃以上である。

(5)ペクチンゲルは、寒天ゲルに比べ耐熱性が強い。


問題・解説についてのお問い合わせ

30-67 ゲル化剤に関する記述である。” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    (5)は、耐熱性の問題ではなく耐酸性の問題だと思います。

    1. ご指摘くださりありがとうございます。
      文字の表記に誤りがあり、大変申し訳ございませんでした。
      すぐに訂正させていただきます。

コメント