34-50 食品 100 g 当たりのビタミン含有量に関する記述である。


34-50 食品 100 g 当たりのビタミン含有量に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)精白米のビタミン B1 含有量は、玄米より多い。

(2)糸引き納豆のビタミン K 含有量は、ゆで大豆より多い。

(3)鶏卵白のビオチン含有量は、鶏卵黄より多い。

(4)乾燥大豆のビタミン E 含有量は、大豆油より多い。

(5)鶏むね肉のビタミン A 含有量は、鶏肝臓より多い。

解答・解説を見る
(1)米のビタミンB1は胚芽の部分に多く含まれており、玄米の方がビタミンB1含有量が多い

(2)糸引き納豆のビタミン K 含有量は、ゆで大豆より多い。

(3)ビオチンは卵黄に含まれている。

また、ビオチンは卵白に含まれているアビジンにより吸収が阻害される。

(4)ビタミンEの含有量は大豆油の方が乾燥大豆と比較して約4倍多い。

(5)鶏肝臓(レバー)には100g当たり14000 μgと多くのビタミンAが含まれている。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント