34-51 食品に含まれる色素に関する記述である。


34-51 食品に含まれる色素に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)b クリプトキサンチンは、アルカリ性で青色を呈する。

(2)フコキサンチンは、プロビタミン A である。

(3)クロロフィルは、酸性条件下で加熱するとクロロフィリンになる。

(4)テアフラビンは、酵素による酸化反応で生成される。

(5)ニトロソミオグロビンは、加熱するとメトミオクロモーゲンになる。

解答・解説を見る
(1)b クリプトキサンチンはみかんなどに多く含まれる色素であり、オレンジ色である。

(2)フコキサンチンは非プロビタミンA類のカロテノイドである。

(3)クロロフィリンは、クロロフィルのアルカリ加水分解によって得られる化合物である。

(4)テアフラビンは、酵素による酸化反応で生成される。

(5)ニトロソミオグロビンは加熱するとニトロソミオクロモーゲンになる。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント