25-143 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関する病態である。

スポンサーリンク

25-143 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関する病態である。正しいのはどれか。

(1) 安静時エネルギー消費量の低下
(2) 肺の過膨張
(3) 血中酸素分圧の上昇
(4) 血中二酸化炭素分圧の低下
(5) 全身筋肉量の増加

解答・解説を見る

(1) 安静時エネルギー消費量の増加

 努力性呼吸などによって安静時のエネルギ―消費量が増加する。

(2) 肺の過膨張

 吸い込んだ空気の排泄が難しくなり、肺の過膨張がみられる。

(3) 血中酸素分圧の低下

 酸素の取り込みが減少することにより血中酸素分圧は低下する。

(4) 血中二酸化炭素分圧の上昇

 COPDでは、二酸化炭素の排泄が障害されており、二酸化炭素分圧は上昇する。

(5) 全身筋肉量の減少

 息苦しく、食欲の低下によるエネルギーや各種栄養素摂取量の不足。運動の機会が減少するなどの要因により全身筋肉量は減少

コメント