ホーム » 投稿 » 36-120 糖尿病治療に関する記述である。

36-120 糖尿病治療に関する記述である。

スポンサーリンク


36-120 糖尿病治療に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 糖尿病食事療法のための食品交換表は、 1 型糖尿病患者には使用しない。

⑵ シックデイでは、水分の摂取量を制限する。

⑶ α-グルコシダーゼ阻害薬は、食後に服用する。

⑷ SGLT 2 阻害薬服用により、尿糖陽性となる。

⑸ 有酸素運動は、インスリン感受性を低下させる。

解答・解説を見る

 

⑴ 糖尿病食事療法のための食品交換表は、 1 型糖尿病患者にも使用する

⑵ シックデイでは、水分を十分に補給する(1~1.5L/日)。

⑶ α-グルコシダーゼ阻害薬は、食直前に服用する。

α-グルコシダーゼは、糖のα-1,4-グルコシド結合を加水分解することで、単糖類であるグルコースに生成する酵素である。
このα-グルコシダーゼの働きを阻害する働きを持つのが、α-グルコシダーゼ阻害薬である。
α-グルコシダーゼ阻害薬によって摂取した糖質の分解が阻害されるため、食後の血糖値上昇が抑制される。

⑷ SGLT 2 阻害薬服用により、尿糖陽性となる。

⑸ 有酸素運動は、インスリン感受性を向上させる。

 

スポンサーリンク


コメント

関連記事