ホーム » 投稿 » 35-177,178,179 次の文を読み「177」、「178」、「179」に答えよ。 K 介護老人保健施設に勤務する管理栄養士である。多職種で栄養管理を行い、栄養マネジメント加算を算定している。

35-177,178,179 次の文を読み「177」、「178」、「179」に答えよ。 K 介護老人保健施設に勤務する管理栄養士である。多職種で栄養管理を行い、栄養マネジメント加算を算定している。

スポンサーリンク


35-177,178,179 次の文を読み「177」、「178」、「179」に答えよ。

K 介護老人保健施設に勤務する管理栄養士である。多職種で栄養管理を行い、栄養マネジメント加算を算定している。入所者は、85 歳、男性。徐々に嚥下障害が進行し、誤嚥性肺炎も認められるようになり、 3 か月前から胃瘻で栄養管理が行われていた。「口から食べられるようになりたい」と本人の意向があり、医師の指示で言語聴覚士による嚥下訓練(間接訓練)が開始された。身長 165 cm、体重 48 kg、BMI 17.6 kg/m2血圧 90/48 mmHg。空腹時血液検査値は、ヘモグロビン 11.8 g/dL、アルブミン 3.7 g/dL。

 

35-177 多職種でミーティングを行っている。嚥下訓練(間接訓練)によって、嚥下機能が改善してきたため、食物を使って直接訓練を開始することにした。最初に用いるものである。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ おもゆ

⑵ 牛乳

⑶ ゼラチンゼリー

⑷ かぼちゃペースト

 

35-178 嚥下機能に合わせて、訓練用の食事形態の段階を上げてきた。 3 か月経った頃、少しむせるようになったので、言語聴覚士より、パン粥ぐらいの段階に戻してほしいと依頼があった。この依頼に合った料理である。
最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ バナナペースト

⑵ 炒り卵

⑶ ふろふき大根

⑷ 茶碗蒸し(具無し)

 

35-179 この入所者に行った栄養管理の計画と実施に対して、算定できる介護報酬である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 療養食加算

⑵ 経口移行加算

⑶ 経口維持加算

⑷ 栄養改善加算

⑸ 栄養スクリーニング加算

解答・解説を見る

35-177 多職種でミーティングを行っている。嚥下訓練(間接訓練)によって、嚥下機能が改善してきたため、食物を使って直接訓練を開始することにした。最初に用いるものである。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

直接訓練に最初に用いるべき食物として、均質で付着性や凝集性、かたさに配慮したゼリーや、離水が少なくスライス状にすくうことが可能なものが用いられる(嚥下調整食分類2013)。

⑴ おもゆは、 嚥下調整食分類2013において嚥下調整食2にあたる。下顎と舌の運動による食塊形成能力および食塊保持能力を必要とすることから¹、直接訓練開始時に一番初めに用いるものとしては不適切である。

⑵ 牛乳

牛乳のようなサラサラとした液体は誤嚥しやすく、嚥下訓練開始時の食事として適切ではない。

⑶ ゼラチンゼリー

  • ゼラチンゼリーは、均質で残差として残っても誤嚥性肺炎の原因になりにくい。
  • 形態としては、嚥下食ピラピッドにおける「レベル0(訓練食)」にあたる食品である。

このことから、(3)ゼラチンゼリーが、最もこの患者の直接訓練の開始時に用いる嚥下訓練食品として適していると考えられる。

⑷ かぼちゃペーストは、下顎と舌の運動による食塊形成能力および食塊保持能力を必要とすることから¹、直接訓練開始時に一番初めに用いるものとしてはやや不適切である

 

35-178 嚥下機能に合わせて、訓練用の食事形態の段階を上げてきた。 3 か月経った頃、少しむせるようになったので、言語聴覚士より、パン粥ぐらいの段階に戻してほしいと依頼があった。この依頼に合った料理である。
最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。

パン粥は、嚥下調整食3に分類される食品である。特徴としては、形はあるが簡単に押しつぶすことができ、食塊形成や移送が容易なものである。パン粥ぐらいの段階の食品としては、(1)バナナペーストが最も適切である。

⑴ バナナペースト

⑵ 炒り卵

⑶ ふろふき大根

⑷ 茶碗蒸し(具無し)

 

35-179 この入所者に行った栄養管理の計画と実施に対して、算定できる介護報酬である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

⑴ 療養食加算

⑵ 経口移行加算

患者が胃瘻から経口摂取へと移行するために、医師の指示のもとに言語聴覚士や看護師、管理栄養士など多職種が協力し、

⑶ 経口維持加算

経口維持加算は、算定時点において経口で食事を摂取しているが咀嚼や嚥下障害を有する者や認知機能の低下が著しい者を対象するため誤りである。

⑷ 栄養改善加算

⑸ 栄養スクリーニング加算

 

 

1 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会医療検討委員会, 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類 2013, 日摂食嚥下リハ会誌 17(3):255–267, 2013

スポンサーリンク


コメント