29-197,198 食品たんぱく質の栄養価を比較するために、「日本食品標準成分表準拠 アミノ酸成分表2010」を用いて、小麦(薄力粉1等)、そば(全層粉)、とうもろこし(コーングリッツ)のたんぱく質について、アミノ酸組成(mg/gたんぱく質)を調べ、「FAO/WHO/UNU(2007年)のアミノ酸評点パターン」と比較した


スポンサーリンク


次の文を読み「197」、「198」に答えよ。
29-197,198 食品たんぱく質の栄養価を比較するために、「日本食品標準成分表準拠 アミノ酸成分表2010」を用いて、小麦(薄力粉1等)、そば(全層粉)、とうもろこし(コーングリッツ)のたんぱく質について、アミノ酸組成(mg/gたんぱく質)を調べ、「FAO/WHO/UNU(2007年)のアミノ酸評点パターン」と比較した(表1)。
29-197

197 3つの食品たんぱく質の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)Aのアミノ酸価は、Cのアミノ酸価より高い。
(2)Aは、リシンを添加しても栄養価は変わらない。
(3)Bは、トリプトファンが第1制限アミノ酸である。
(4)体内において食品たんぱく質1g当たりに生成するナイアシン量 (mg)は、BよりCの方が少ない。
(5)体内において食品たんぱく質1g当たりに生成するナイアシン量 (mg)は、AよりBの方が少ない。


198 A、B、Cに該当する食品の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。
     A        B      C
(1)  小麦 ・・・・・・・ そば ・・・ とうもろこし
(2)  そば ・・・・・・・ 小麦 ・・・ とうもろこし
(3)とうもろこし ・・・ そば ・・・・・・・ 小麦
(4)  小麦 ・・・ とうもろこし ・・・ そば
(5)とうもろこし ・・・ 小麦 ・・・・・・・ そば

解答・解説を見る
29-197
197 3つの食品たんぱく質の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1)Aのアミノ酸価は、Cのアミノ酸価より低い

(2)Aは、リシンを添加すると栄養価は変わる。

(3)Bは、リシンが第1制限アミノ酸である。

(4)体内において食品たんぱく質1g当たりに生成するナイアシン量 (mg)は、BよりCの方が多い。

(5)体内において食品たんぱく質1g当たりに生成するナイアシン量 (mg)は、AよりBの方が少ない。


198 A、B、Cに該当する食品の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。
     A        B      C
(1)  小麦 ・・・・・・・ そば ・・・ とうもろこし

(2)  そば ・・・・・・・ 小麦 ・・・ とうもろこし

(3)とうもろこし ・・・ そば ・・・・・・・ 小麦

(4)  小麦 ・・・ とうもろこし ・・・ そば

(5)とうもろこし ・・・ 小麦 ・・・・・・・ そば


お問い合わせはこちら



コメント