25-27 ヒト体内における脂肪酸に関する記述である。


スポンサーリンク

25-27 ヒト体内における脂肪酸に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) オレイン酸は、必須脂肪酸である。
(2) エイコサペンタエン酸は、パルミチン酸から合成される。
(3) ドコサヘキサエン酸は、γ-リノレン酸から合成される。
(4) リノール酸は、アラキドン酸の前駆体となる。
(5) トランス脂肪酸は、血清LDL-コレステロール値を低下させる。

解答・解説を見る

(1)必須脂肪酸はリノール酸やリノレン酸である。

 オレイン酸は、オリーブオイルなどの植物性油に多く含まれる一価不飽和脂肪酸である。必須脂肪酸ではない。

(2)エイコサペンタエン酸は、α-リノレン酸から合成される。

(3)ドコサヘキサエン酸は、α-リノレン酸から合成される。

(4)リノール酸はアラキドン酸の前駆体となる。

(5)トランス脂肪酸は、血清LDL-コレステロールを上昇させる。