25-28 ヒトの核酸と遺伝子に関する記述である。


スポンサーリンク


25-28 ヒトの核酸と遺伝子に関する記述である。正しいのはどれか。

(1) たんぱく質をコードするDNAは、全ゲノムの約50%である。
(2) 核酸に含まれる塩基の種類は、DNAとRNAで同一である。
(3) 終止コドンは、アミノ酸を指定する。
(4) 2本鎖DNAの相補的塩基対は、共有結合により形成される。
(5) 遺伝子変異の中には、一塩基多型(SNP)がある。

解答・解説を見る

(1)たんぱく質をコードするDNAは、全ゲノムの数%である。

(2)DNAに含まれる塩基は、アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)

 RNAに含まれる塩基は、アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、ウラシル(U)である。

(3)終始コドンはアミノ酸を指定しない。

(4)2本鎖DNAの相補的塩基対は水素結合により形成される。

 A(アデニン)=T(チミン)
 G(グアニン)=C(シトシン)

 のセットで相補的塩基対を形成している。

(5)○  遺伝子変異の中には、一塩基多型(SNP)がある。


お問い合わせはこちら