34-107 離乳食教室を企画する場合の、目標とその内容の組合せである。


34-107 離乳食教室を企画する場合の、目標とその内容の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)実施目標 ――― 家庭で離乳食レシピブックを参照し、調理する。

(2)学習目標 ――― 成長・発達に応じた離乳食を調理できるようになる。

(3)行動目標 ――― 集団指導と調理実習を組み合わせた教室を行う。

(4)環境目標 ――― 市販のベビーフードの入手法を紹介する。

(5)結果目標 ――― 負担感を減らすために、家族の協力を増やす。

解答・解説を見る

栄養教育プログラムの目標設定には、学習目標、行動目標、環境目標、結果目標がある。

学習目標・・・最終的な目標を達成するために必要なスキルや知識に関する目標

行動目標・・・学習目標をもととして、対象者の行動変容を進めるためにに必要な技術の習得行動の修正行動の継続を促すための目標

環境目標・・・対象者の生活環境や、社会環境および周囲の環境を改善するための目標

結果目標・・・対象者の健康状態の改善や、QOLの改善の目標。学習目標、行動目標、環境目標の成果をはかるもの。測定でき、定量データとして取り扱うことができるものが望ましい。

(1)行動目標 ――― 家庭で離乳食レシピブックを参照し、調理する。

(2)学習目標 ――― 成長・発達に応じた離乳食を調理できるようになる。

(3)実施目標 ――― 集団指導と調理実習を組み合わせた教室を行う。

(4)実施目標 ――― 市販のベビーフードの入手法を紹介する。

「市販のベビーフードの入手法を知る」であれば学習目標である。

(5)環境目標 ――― 負担感を減らすために、家族の協力を増やす。


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント