34-105 妊婦を対象とした栄養・食生活支援の取組と、生態学的モデルのレベルの組合せである。


スポンサーリンク


34-105 妊婦を対象とした栄養・食生活支援の取組と、生態学的モデルのレベルの組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)経済的に困窮している妊婦に、妊婦の友人がフードバンクへの登録を勧めた。――――――個人内レベル

(2)病院のスタッフ間で、体重増加不良の妊婦には栄養相談を勧めることを意思統一した。―― 個人間レベル

(3)母子健康手帳交付時に、市ではメールで栄養相談を受け付けていることを伝えた。―――― 組織レベル

(4)病院の管理栄養士が、産科外来で配布するための妊娠中の食事ガイドを作成した。―――― 地域レベル

(5)自治体の食育推進計画に、妊婦の栄養対策の実施と目標値を含めた。―――――――――― 政策レベル

解答・解説を見る
(1)経済的に困窮している妊婦に、妊婦の友人がフードバンクへの登録を勧めた。――――――個人間レベル

(2)病院のスタッフ間で、体重増加不良の妊婦には栄養相談を勧めることを意思統一した。―― 組織レベル

(3)母子健康手帳交付時に、市ではメールで栄養相談を受け付けていることを伝えた。―――― 地域レベル

(4)病院の管理栄養士が、産科外来で配布するための妊娠中の食事ガイドを作成した。―――― 個人内レベル

(5)自治体の食育推進計画に、妊婦の栄養対策の実施と目標値を含めた。―――――――――― 政策レベル


お問い合わせはこちら



コメント