34-104 宅配弁当会社に勤務する管理栄養士が、ソーシャルマーケティングの考え方を活用して、利用者への栄養教育用パンフレットを作成することになった。


34-104 宅配弁当会社に勤務する管理栄養士が、ソーシャルマーケティングの考え方を活用して、利用者への栄養教育用パンフレットを作成することになった。事前に調査を行い、利用者全体の状況を把握した。次に行うこととして、最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1)利用者の中のどの集団を栄養教育の対象とするかを決定する(ターゲティング)。

(2)利用者の特性別に栄養教育のニーズを把握し、利用者を細分化する(セグメンテーション)。

(3)対象となる利用者に、パンフレットがどのように価値付けされるかを検討する(ポジショニング)。

(4)パンフレットの作成に、マーケティング・ミックス(4 P)を活用する。

(5)利用者への栄養教育前に、パンフレットをスタッフ間で試用して改善する(プレテスト)。

解答・解説を見る

正しいのは、(2)利用者の特性別に栄養教育のニーズを把握し、利用者を細分化する(セグメンテーション)。

問題を例に、マーケティングの流れを作ると以下のようになる。

〔 マーケティングの流れ 〕

① セグメンテーション

「事前に調査を行い、利用者全体の状況を把握」

「利用者の特性別に栄養教育のニーズを把握し、利用者を細分化する」

② ターゲティング

「利用者の中のどの集団を栄養教育の対象とするかを決定する」

③ ポジショニング

「対象となる利用者に、パンフレットがどのように価値付けされるかを検討する」

④ マーケティング・ミックスを用いた具体的施策

「パンフレットの作成」

⑤ プレテスト

「利用者への栄養教育前に、パンフレットをスタッフ間で試用して改善する」


問題・解説についてのお問い合わせ

コメント